プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

三浦半島~横浜、鎌倉
オトナの趣味
出会い
食べる

部下指導

まず、昨日の話題から。

羽生選手はオリンピック2大会連続で金メダルに輝き、羽生棋士は中学生に敗れて、藤井棋士は6段に昇格…。

いずれにしても、勝負の世界は「結果がすべて」といいます。

メンタルがハンパじゃないなあ…と、改めて感じたというか、すごすぎて参考になりません。

さて、と。

今年度もあと1か月ちょっととなりました。

年度末になると、部課員に対する評価を行うことになります。

多くの管理職にとって、以下の言葉は共感を持たれるのではないでしょうか?

「考えて行動しなさい」

「ゴールを設定し、そこから逆算して計画をたてなさい」

…。

悲しいことに、「考える」ということに価値を置かない人が、とても多いと感じています。

優秀な方はみなさん「考える」ことの重要さをよく理解されています。

役員や部長クラスになると、いつも何かを考えている人ばかり。

いつも考えているからか、自分の「閃き」に自信を持っている場合が多々あるし、

思いつきのようでいて、その閃きにはきちんとした根拠があったりするのです。

その一方で、考えなければならない場面から逃げてばかりの人は、考えることが苦痛になってしまうようです。

極端な場合、買い物でどちらにしようか「悩む」ことすらイヤだというヒトもいるらしい。

部下がみんなそんなんだと、管理職としてはお手上げです。

ということもあり、指導するためにいろんな本を読み返したり、新たに購入したり…。

ただ、結局のところ管理職の側ばかりが自己啓発につとめたところで、組織としては…ね。

今回、「部下にこそ読んでほしい」という意味で、のせてみました。



文字通り「練習帳」です。

通勤時にでも読んでほしいなあって、マジで思います。

「考える」って、すごく消耗することでもあります。



「今日はずっと一日中考えていました」っていうヒトがいます。

自分自身も、そう思うときがあります。

でも…それってホントかしら?

たとえば、

社会保険労務士や行政書士といった国家資格の試験時間は半日からから一日かかります。

試験が終わると、心身共に疲れ果ててフラフラです。

そう…。

あれを毎日、日々繰り返しながら生活できるヒトなんて、そうそういるもんじゃない。

できる方は、そもそも優秀なアタマをお持ちで、かつ気力と体力が充実しているときに限られるんじゃないかな。

「趣味は仕事です(キリッ!)」なんて言いきってしまう経営者なりエキスパートの方々あたり…。

普通のヒトでは、もたないんじゃないかな。

私はどうだろう…。

やっぱり半日くらいが限界ですわ。







スポンサーサイト
THEME:自己啓発 | GENRE:ビジネス |

ポスドク


ネットでいろいろみていると、朝日新聞が相変わらず、とんでもない社説を書いていらっしゃるご様子。

「北方領土、竹島、尖閣諸島は日本固有の領土である」と宣言してはいけないらしい…。

皇室の伝統についても、「なくても生活に困らない」ときたもんだ。

その姿勢…スゴイなあって思います。

日本国民が、それを目にしてどう思うか?どのように感じるか?

潮目は変ったのです。



日本を敵視している特アの機関紙みたいになっている朝日新聞…。

早く廃刊してしまえばいいのに。

さて。

話題を変えて、今回は「ポスドク(ポストドクターの略)」について書いてみます。

博士号は取得したものの、正規の研究職とか教育職に就いていない方々、就いていても任期制だったりします。

大卒があふれる日本の世の中においても、高学歴です。

研究職を志向されている方々で、4年生大学を卒業し、修士2年に後期課程3年を研究に費やせる勉強熱心な方々。

本来であれば、そのまま研究職として能力を発揮いただけることが、日本にとって好ましいことなのだと思います。

でも…といったことを物語に仕立てたのが、こちらの本。



まず、収入に恵まれません。

多くの企業で求められている人材は、博士課程前期2年で終了する「修士」です。

他人より頑張って勉強、研究をつづけたのに、雇用の面では著しく不安定…。

言葉は悪いけれど、ヒト余り…。

それでも日々を頑張っているという物語です。

「ポスドク」の方々には少々申し訳ない言い方ですが、とても楽しめる小説だと思います。

私たちオトナは、世の中の酸いや甘いを経験していくうちに、より現実的な部分に意識が向いていくようになります。

ものの価値だって、金銭的な尺度でしか計らなくなっていくし…。

「どれだけ稼げるか」だけで判断するクセが、知らず知らずについていたりします。

生産性向上…付加価値創出…利益確保…日々、こんなことばかりやっていると、なおさら。

仕事を請け負う「傭兵部隊」みたいになってしまえば、充足感など味わえるわけもなし。

特定のモノサシだけで判断しているようでは「反日」で動いている某マスメディアのことを言えたもんじゃないなって。

ちょっと…自省したのでした。






THEME:働き方 | GENRE:就職・お仕事 |

AI

AIという言葉は、この1、2年くらいで急速にひろまって使用されるようになった言葉のひとつでしょう。



人工知能の話になると、私の世代では必ずといっていいほど、映画「マトリックス」がでてきます。

人類は、人工知能に支配されていて、現実の世界と思っていた世界はバーチャルだった…。

という、なんとも不思議かつ難解な世界観が展開されていて、

コドモよりオトナが、オンナよりオトコが…。

要するに理屈くさいヒトたちが夢中になったものです。



マジメな話をすると、このAIは、お客様相談窓口の電話対応であったり、内視鏡診断などの医療業界などで

かなり現実的な検討がなされています。

統計解析的な分野に強みをもっているということで、SASなどのプログラムへの展開も進みつつあるようです。

AIによって労働力人口の減少に備えるなんてことも言われています。

違う視点でみると、経験則に基づき判断するような業務も、AIにとって代わられる可能性がある、ともいえるわけです。

AIは企業だけでなく、

私が所属している社会保険労務士や行政書士といった士業においても大きな影響を与える可能性があります。



これからの展開を、今は外野から眺めつつ…。

小さきものにとって、「変化」はまさにビジネスチャンス。

世の中にインターネットが誕生したくらいのインパクトを持つものなのかどうか。

リアルとバーチャルねえ。

ちなみに、AIとは Artificial Intelligence の略称です。








THEME:ビジネス | GENRE:ビジネス |

歴史小説(157)喜連川


私は歴史小説が好きなのですが、どちらかというと「史実」っぽいものが好き。

ですので、江戸時代の料理ものとか、架空の藩士を描いたものとかは、あまり読みません。

こちらは実在の藩とはいえ、いつものものとは毛並みが違います。

それでも、なんというか…面白かったのでご紹介したいと思いました。



喜連川…。

首都圏の方であれば「びゅうフォレスト喜連川」を思い浮かべる方が多いかもしれません。

電車のつり革広告などで見かけますので…。 ⇒ JRの街 びゅうフォレスト喜連川

ここは江戸時代、足利将軍家の血筋である喜連川氏が治めていた場所です。

足利尊氏の次男である足利基氏を祖とする一族です。

戦国時代を経て衰退していたところに、名家を好む豊臣秀吉に下野国喜連川を扶助され、喜連川を苗字としました。

以降、徳川幕府体制において、この名家は例外の家とされ、貧乏だけど格式をもった家とされて明治まで存続しました。

五千石の領地で10万石の格式ですから、さぞや大変だったことでしょう。



喜連川氏は参勤交代の義務はありませんでした。

徳川将軍家の家臣でもないという…まあ、源氏の長者は本来徳川ではなく足利ですしね…。

そして、参勤交代で江戸にむかう藩に対しては、喜連川に泊まってもらい、利益をあげる仕組みをとっていました。

江戸も中期以降となると、どこの藩も財政は厳しく、倹約につとめるようになります。

すると、カネのかかる陣宿を避けるようになっていきます。

企業が「経費削減」に取り組むのと同じです。

でも、それは他方にとっては死活問題。

箱根や熱海がバブル崩壊以降、非常に厳しい時期を体験したあれと同じでしょう。

喜連川の当主は、商売上手だったようです。

仙台伊達家の当主に「避けないで、喜連川に泊まれ」と文句をいったりした記録があるそうです。

こちらはシリーズものなので、順番に読んでみようかな、と思っています。

なかなか面白いです。




THEME:歴史・時代小説 | GENRE:本・雑誌 |

しょせん…

しょせん、朝鮮人同士ということか…。

朝鮮半島で開催されている冬季五輪ですけれどね。

南北朝鮮のチーム名は「KOREA」ということになり、国旗は「韓半島旗」であり、国家は「アリラン」ですか。

当該五輪の韓国サイトでは、日本を削除した地図が掲載されていましたね。

縮尺がおかしくて、朝鮮半島がデカかったりするしね。



今の韓国大統領が親北、反米なのは既知でありましたが、青瓦台といわれる韓国政府をみれば、朝鮮人の本質がよく見える。

韓国と北朝鮮は「戦争中」の間柄であり、国連軍という名の米軍が、北朝鮮と休戦協定を締結したに過ぎないわけです。

(当事者の韓国は休戦に反対でした。「米軍よ、戦いをやめるな。北朝鮮をやっつけろ」って…自分でやれないくせに…)

それが…。

戦争相手国に対しては

「同じ民族です。仲良く統一にむけて話し合いましょう」

となり、

自分たちを守ってくれている米国には嫌がらせ…。

上から目線の中国には恫喝され、蔑視している日本には相手にされなくなってきた…。

だからなのでしょうか…。

北朝鮮が「核保有国」であることが、南のある人たちには「誇らしい」ようです。

朝鮮が統一したら、自分たちは「核保有国になれる=一流国」と考えている韓国人が多いようです。

そのニュアンスを知っているというか、扇動している北朝鮮は「北朝鮮の核は、米国と日本に向いている」と言うわけ。

朝鮮は、文化なりメンタリティそのものが「大清国属」。

そんな国を、日本が相手にする必要があるのかね?

日本から何かする必要があるのかね?

今回の冬季五輪…まだ終わってないけれど、南北朝鮮をみていると、改めてそう感じます。



THEME:軍事・安全保障・国防・戦争 | GENRE:政治・経済 |
PR
こころを整える
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
250位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
59位
アクセスランキングを見る>>
マネジメント
ブロとも申請フォーム
English