プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

海辺暮らし
オトナの趣味
出会い
食べる

食べ放題の経済合理性

先日、かっぱ寿司が時間制食べ放題を導入して、来客数が増大したということが話題になっていました。

食べ放題…。

なんて魅力的な響きなのでしょう。

でも、食べ放題って、お店の利益は大丈夫なのかしら?

私たちみたいなめっちゃ食べまくる客ばかり来ても平気なのかね?

なんて思ったこと、ありませんか?



実は、大丈夫なんです。

(って、商売しているのだから当たり前か)

一人のお客さんが、二人分の料金をはらって、三人前を食べる…。

これ、お客さんもお店の側もうれしい仕組みなんです。

横浜中華街の食べ放題のお店なんかが顕著ですけれどね。

作る料理がきまっているから、仕入れた食材はフルに使えますし、想定外の注文が入りませんから、そちらの準備も不要。

料理はお客さんが自分でとりわけるので、ウェイターやウェイトレスは最小人員でOKですし。

料理人の手待ち時間も少なくてすむので、お店としても効率的なのです。



紳士服の●●などでは「スーツ二着目は千円」ってやっています。

宅配ビザ●●では「二枚目は無料」とかね。

このようなところは、固定費と変動費というおカネの仕組みを理解すると、よく見えてきます。

興味を持った方は「経済暴論」を読んでみてください。

とても面白いし、わかりやすいし、何かに役立つ知識かもしれません。

食べ放題のお店の損益分岐点って、どこなんだろう?

そんな、食べ放題好きとは無縁なメンドクサイことを考えたのは、もう何年も昔の話。

この すたみな太郎 は激安。

普通の人レベルの「大食い」では、とても届きません。

ギャル曽根くらいのレベルで、ようやくお店の側は持ち出しになるみたい。

テレビ東京の番組でみた記憶があるのですが、

彼女、メニューの全種類を食べるつもりだったみたい。

ギャル曽根って、他の大食いの人たちとは違って、キレイに、そしてとても美味しそうに食べるのです。

ああいうのって、いいよなあって我が家ではよく言います。

汚い大食いは、みていて不愉快になりますからね。

スポンサーサイト
THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

政権選択選挙?

衆議院の総選挙が近づいてきました。

果たして、どのような結果になるのでしょうかね。

思えば、9月中旬から解散風が吹き始めたのは、公明党のあたりからでした。

安倍総理が国連演説をしているさなか、日本国内では左系マスコミが大騒ぎ。

いわゆる「大義がない」だの「モリカケ」だのと…。

「北朝鮮のミサイル問題があるなかで政治空白を作るな」にいたっては、笑っちゃいます。

北朝鮮のミサイル発射、核実験強行を目の前にみて、彼らが言っていたのは「対話」だの「モリカケ」だったじゃないか。

私は「もういい加減にしてくれ」と、ずっと思っていました。

私の周囲の知人もみな同じ。



小池百合子氏の人気は、私にはやはりわからない。

都民ファーストやら情報公開やら…。

ワイス・スペンディングに至っては…横文字で中身がないことをごまかしているだけじゃん。

言ってることと、実際にやっていることを並べてみたら、それでもう、どういう人物かわかると思うのですが…。

実際に何をなしとげたの?

実績をみたらわかるでしょ。

実績…ないもんね。

豊洲と築地?あれ、どうなったん?

…。

民進党が壊れてくれたのは良かったです。

でも、看板のフォントを少し変えただけの野合に変わっただけ…。



今、日本が置かれている現状をしっかりと議論し、どの政党に国の運営を担ってもらいたいのかを「国民が」判断する。

それが衆議院の総選挙。

国民が判断するものであって、マスコミではない。

ここを、最近のマスコミは勘違いしている。

僭越と言ってもよいとすら、思います。

野党共闘すれば勝てる?

これ、もうダメ。

最初に書いたけど、衆議院の総選挙は「政権選択」を国民が判断するものです。

共闘した野党で…野合で…どう政権を運営するの?

どのように日本のかじ取りをとるの?

彼女ら、彼らの目的が「自分が総理大臣になること」や「衆議院議員になること」であり、それらの「希望」が集まっただけ。

そこにすら入ることができない「その他大勢」なんかは、さらに不要でしょ。

この機会に、議席を減らせばいいのに。

私は、特ア(中国、北朝鮮、韓国)から日本を守ってくれる、実効性のある方針をもっている政党と政治家を選びたい。

私は、日本の経済を安定・発展させてくれる政党と政治家を選びたい。

そして、サラリーマンが転職を繰り返すかのごとき「ポリシーなき政党渡り鳥」たちには、この機会に消えていただきたい。

本当にそう思います。

東京都は希望の党が圧勝してしまったらどうしよう…そう思っていましたが、風向きが変わったようで…。

小細工しないで、民進党のままで選挙に臨んだほうが、良かったのかもしれませんが、そこは結果オーライ。

右と左に分かれたほうが良かったんだと、そこは私も同意します。

さてさて、どういう結果になりますか。






THEME:政治・経済・社会問題なんでも | GENRE:政治・経済 |

君の名は…気分だけ

おとといは、少々深酒でした。

で、昨日はお昼に休憩しておりました。

場所は四谷の神社前の階段横…。

その神社の名は、 東京四谷総鎮守 須賀神社 といいます。

そう…。



上の絵でいうと、主人公(左側の男の子)の足元あたりに座り、ぼけーっと遠望しつつ、サンドイッチを食べていました。

寒かったのでホットココアを飲みながら、ぼけーっと遠望していました。

左側に小さな公園があり、その隣が須賀神社です。

映画が上映されていたとき、この周辺には「聖地巡礼」の方が結構いたようですが、さすがに見かけないですね。

この階段の下には、ギターの個人教授?があり、谷を流れる川のような道沿いにはお店が点在しています。

ちっちゃい中華料理屋さんはお昼時にはとても忙しそうで、どこから来るの?って感じでお客さんが入っています。

このあたり一帯は住宅街で、寺社が点在しています。

なんといいますか…新宿という街のイメージとは違う。

四谷、若葉町、信濃町…この一帯は本当に住宅街ですもん。

「鬼平犯科帳」で有名な長谷川平蔵さんのお墓が、かつてあったお寺さんも近くにあるし。

そのお寺さんは戒行寺といいます。

今、長谷川家のお墓はないのですが、そのかわり?に供養碑があり、そこにちょっとした説明文があります。

私にとって、「火付盗賊改方」鬼の平蔵は、中村吉右衛門さん。



大学生のころ、テレビで時代劇をみていましたし、エキストラで出たこともあります。

撮影現場は大覚寺の裏手や、広沢の池あたりでした。

テーマ曲も素敵でした。

興味のある方はぜひ一度みてみてください。




THEME:日記 | GENRE:日記 |

ゲーム理論

どなたかのブログに、希望の党を「気泡の党」とありました。

とてもわかりやすい。

泡と生まれ、泡と消えにしわが身かな…。

さて、と。

今回は、ゲーム理論というものをご紹介したいと思います。

最近は、MBA系のこむずかしいお話を、漫画でわかりやすくしてくれている本が結構出ています。

とっかかりと言いますか、入門編としてはかなり理解しやすいと思います。

ただ、漫画版だけを読んで「理解した」気になると、それはまた少し違うと思います。

ビジュアルは、わかりやすい反面、知らず知らずのうちに間違って理解してしまっていることも、ままあります。

たとえば、テキストなどを何度も読み返していく過程で「ここは間違えて解釈していた」と気づくことがあります。

少し間違えていた、ならまだ許容ですが、真逆にとらえていたというようなことも、あったりします。

受け手側である私たちの好みや立場などにより、同じ情報であっても受け止め方が違うことはよくある話ですからね。



このゲーム理論を簡単にいうと、

まず、利害が必ずしも一致していない状況というものがあるとします。

そのような状況下において、複数の人間の行動に関して最適な戦略を分析する数学の理論

ということなのですが、これだとわかったようで、わからない。

超有名な「囚人のジレンマ」を挙げてみましょう。

共犯の被疑者2人が警察につかまり、別々に取り調べを受けているという場面設定です。

①2人とも黙秘を通せば両者ともに刑は軽くなります(例えば書類送検とか起訴猶予といった程度)。

②一方が共犯の旨証言をし、他方は黙秘を続けた場合、証言した方は釈放され、黙秘を続けた方は懲役刑を科されます。

③両者がともに自白した場合は、両者とも少しだけ減刑になります(たとえば、懲役2年が1年3か月)。

さあ、この2人はどのような判断をするのでしょ~か? という理論。

自分だけはオイシイおもいをしたい!と考えると自白するでしょう。当然、自分が考えるようなことは相手も考えますしね。

すると、お互いが黙秘を通した場合より、結果は悪くなります。

お互いの信頼関係が強固であれば、黙秘を通して釈放されます。

信頼関係がゆるければ、そこまで相手を信頼していないので、自分可愛さで懲役刑を選択することになります。

ゲーム理論は、この「囚人のジレンマ」だけでなく、取引する意思のない者を相手に交渉するのは無意味とか、いろいろあります。

数学者や物理学者というものは、この世のあらゆるものを法則づけで、数式で証明しようとするのですね。

この「ゲーム理論」の提唱者も、チェスをしているときにおもいついたそうです。

そういうの、私にはちょっと理解できないのですけれどね…。



「北朝鮮と対話をしろ」などと叫ぶ方々には、ゲーム理論などもお勉強してほしいなあって思ったりします。

いずれにしても、さまざまな場面で活用できる知識であり、スキルだと思います。

たとえば、自分が客で、相手がお店だったら、こちらは安く買いたいし、むこうは販売価格で売りたいわけでしょ。

会社では上司と部下、家庭では夫と妻や親と子。

利害関係は、必ずしも一致していないものです。

まあ…何かといえば「交渉術だあ」なんていう世の中になっちゃっても、それはそれでイヤですけどね。




THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

タモリなるもの

衆議院議員総選挙が終わったら、あらためて民進党に当選したヒトたちが集まるみたいですね。

なんなのかね、マジで…。

民進党の参議院議員まで希望の党に移り、民進党を解党したら、財産は希望の党に移る…それを阻止するため?

結局、当選するためだけに行動し、おカネのためだけに行動する…希望の党やら民進党やら、そんなことばかりやっている。

枝野氏の集団は勝手にやっていればいい。

今回、ある程度の当選議員が生まれる見込みのようですが、数年後には社民党と同じ結論でしょ。

意味不明に「みつどもえ」とか「三極の争い」とか言われてもねえ。

さて、と。

かつて、テレビ業界には大御所と呼ばれるタレントさんが3名いました。

たけし、さんま、タモリの御三方です。

そのうち、タモリさんは「笑っていいとも」の終了とともに、芸能界を引退したのかな…。

そんなふうに思っていたところ、ぜんぜん違ったのね、と気づいたのは数年前。

この方の現在をみると、とにかく「好きなことしかしない」という雰囲気を、とても感じます。

そして、多趣味ながらも造詣が深く、ひとつひとつが凝っている。



それを端的に表していると思うのが、NHKの「ブラタモリ」でしょう。

肩に力がまったくはいっていない。

たぶん、おカネもかかっていない。

それでいて、手を抜いた感がない。



タモリ語録と呼ばれるものがあります。

いわゆるおじさんは、偉人の類が残した名言・格言を好む傾向があるのですが、タモリさんのはわかりやすいです。

「コツはね。はりきらないこと」

とか

「宇宙から見たら、どうでもいい」

とかね。

慌てたり、動じたりすることが見られないのは、こういうスタンスだからなのかなあ。

私はバタバタしてしまうことがあるので、タモリさんのあの飄々としたスタイルがとてもうらやましいのです。

真似したいのだけれど、真似できない…。



THEME:自己啓発 | GENRE:ビジネス |
PR
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
136位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
36位
アクセスランキングを見る>>
マネジメント
ブロとも申請フォーム
認知