プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

海辺暮らし
庭・菜園
出会い
食べる

ソレイユの丘にて

昨日は実家のある三崎に行き、そのついでに、三浦と横須賀の境目にある ソレイユの丘 に行ってきました。

周囲は見渡すかぎり、畑がひろがるエリアで、あの一体はまさに農村そのもの。

そんなところに、デーンと構えるこの施設は、地中海風の建物がたち、子供たちがカラダを使って楽しめるところ。

何か所かに点在しているアスレチックは結構本格的ですし、手ぶらバーベキューや海鮮バーベキューの食べ放題など…。

羊とかもいるし、中心ではたまにライブをやっています。

長男くんは、ゴーカートとアーチェリーが好きで、次男を連れて一緒に遊んでくれていました。

ソフトクリームも、牧場ででてくるような感じのもので、生乳感あふれるとても美味しいものでした。

これ、めっちゃ美味いです。

濃厚なんだけど、人工的な甘さじゃなくて、いいものだとすぐにわかるはず。

ソレイユにきたら、ぜひソフトクリームを召し上がってみてください。

奥にはオートキャンプ場もあるようで、ファミリーキャンプをするにはかなりしっかりした施設です。

キャンプの食材…。

三崎港までいかなくても、魚敬に行けば相当の海産物が手に入りますし、すかなごっそでは野菜が…。

葉山牛は…あれは普通には売ってないし、高すぎるので別枠ね。

いずれにしても、バーベキューの具材には事欠きません。

ただし、日陰があまりないので、真夏はそれなりにハードではあります。

じゃぶじゃぶ池で、子どもたちが水遊びに興じ、その横にテントをたててなかでビールのんで寝っ転がる…。

お昼くらいまではとても過ごしやすい天気でしたが、午後からは雨がポツリポツリと…。

夕方以降は激しく、雷が落ち始めて嵐になりました。

さっき新聞をみると、1000本もの雷が観測されたそうです。

いやいや…。

今日はどういう天気になるのやら。


スキンケアアドバイザー資格 
スポンサーサイト
THEME:神奈川 | GENRE:地域情報 |

持続力

昨日は社労士会(統括支部)の役員会に出席してきました。

場所は中野。

ここは、再開発が進んで大手企業や大学の誘致にも成功し、賑わいに拍車がかかった印象があります。

ここの商店街はとても元気でにぎやかで、その裏側に連なる飲食店街も魅力的なお店がやたらあります。

わたしの周囲には、社労士や行政書士、中小企業診断士といった資格で独立されている方々がたくさんいらっしゃいます。

メインは社労士なのですが、いずれも開業歴は10年以上。

開業すること自体は難しくないわけです。

士業と呼ばれるところでは、資格試験に合格すれば自分の事務所を開くことができます。

独立開業というものです。

ただ、実によく言われることに「●年後に9割が廃業」といったフレーズ。



何か新しいことを始めるためには「始めるチカラ」が必要です。

だいたい、新しいことを始めることは難しくて、誰にでもできるわけじゃなかったりします。

「そんなことなかったよ」という方は、このチカラが優れていたのでしょう。

そして、さらに難しいのは「継続するチカラ」なのでしょう。

一部の方は、事務所開いてすぐ顧客ができて、しっかり稼げています。

たいていは「成功曲線」みたいなものがあるようで、開業してから半年たったころは、とてもしんどかった…と。

多くの場合、会社員を経験してからの独立開業です。

独立してみると、一生懸命働いているのに報酬がないわけ。

今までは、結果にかかわらず、働きさえすれば給与がもらえた。

これ…私もその立場になったら…間違いなくつらいと思うだろうなあ。

ただ、そこをクリアできれば、やがて成功曲線にのっていける…。

そういう方々が、士業という世界で活躍されています。

定年も上司も存在しないフリーランスの世界は…自己実現には間違いなく最高の世界でしょう。

役員会のあとは、お約束の懇親会。イタリアンでした。

17:00からの懇親会で終わるはずもなく、引き続き三次会と称し、中野の街に紛れ込んだ私たち…。

21:00頃からの記憶が曖昧というか、点々とした感じですが、無事帰宅できたのは何よりでした。



実は私、今週は夏季休暇でございました。

ずぅ~と雨ばかり降り続いていましたので、大したイベントはありませんでしたが、次男と一緒に過ごす時間を持てました。

長男くんは塾の夏期講習と学校の宿題で忙しい日々だったようです…こちらはちょっと残念。

夏休みはもう終わり、この土日は普通の週末です。

来週は社労士会の大きな支部行事がひとつあります。

そして、仕事のほうもいろいろあります。

う~ん。

感覚が仕事モードになってきました。

月曜日は始発で会社に出社しちゃおうかしら…。
THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

他人との距離感

世の中にはいろんなヒトがいるものです。

韓国の文大統領が、ようやく本性を出してきました。

「徴用工」について、従来からネットで指摘されてきたとおり、日本に賠償を求める意思を表明しました。

武力による竹島の不法占拠…。

朝日新聞のねつ造に乗じた「従軍慰安婦」…。

慰安婦でおカネとるのも厳しくなってきたから、次は徴用工を問題視するんだろうな…とは数年前から指摘されてきたこと。

ここまで「自分たちだけはなんでもあり」という韓国って…。

それに日本がどう対応すると思ってのことなのか…バカなの?日本はそこまでなめられているの?

さらに、日本海を韓国海に変更しようと企図した動きもあるし…(最初は東海ね)

他国の旗(日章旗)にはいちゃもんを付けてくるし…。

それなりに理解しているつもりでしたが、それでも「マジ?」ってドン引きする数々の所業。

日本からおカネをむしれるだけむしり取り、技術もパクリ、そのくせ一方的に日本を貶めることばかりに執心する国。

ということで、今回は「距離感」というものについて、書いてみたいと思います。



こちらは一定の距離を保ちたいのに、一方的にズカズカと入ってきて、攻撃的になる…。

とか

相手などしたくないのに、病的なメールを平気で送りつけてくる…。

とか

最初は、笑顔でふるまい、よさげなヒトに見えたりするのです。

とか…。

常識人にしかみえなかった方が、何かの拍子に豹変するわけ…。

わからない方には、たぶんわからないことでしょう。

でも、できればそのまま「わからない」ままでいてほしいものです。

わかってしまうと…本当に大変。

とってもめんどくさいし…。

「巻き込まれ」感がハンパないです。

ですので、その時に備えて(というか、やりすごすために)、傾向と対策は理解しておくと良いのかもしれません。

何かに依存しがちな方は、そこを付け込まれることがままあるものです。

ボクシングのように、自分の距離感というものをもっていると良いのでしょう。

それも、ひとつだけではなくて、ショートレンジやミドルレンジといったように、時と場面に応じて使い分ける。

距離感…やはり大事だと思います。



隣国じゃないのだから、韓国なんかと仲良くする必要など、ないのですよ。

っていうか、事大主義で「日本は弟であり、下の立場であり、悪である」という定義にされているわけ。

そんな国と、そもそも仲良くなれるわけがない。

70年以上も話し合い、殴られても黙って殴られてきたのが日本。

で、そんな関係をおしまいにする!と宣言し、実行しているのが安倍総理。

文大統領の発言に対し、外務省からの抗議といった「ぬるいこと」ではなく、日本は何らかの報復をすべきだと私は思います。

対馬で盗難された仏像だって、いまだ返還されていないし…。

韓国への投資引き揚げとか、そういう「現実」を見せて、明確に距離を置いたほうがいい。

本当にやったほうがいい。スワップなんてありえない。



THEME:お仕事日記 | GENRE:ビジネス |

端島


昨日は一日中雨が降り、ときおり猛烈に降ってきて、気温も低くて夏とは思えない感じでした。

首都圏ではもう16日連続して雨で、40年ぶりとのこと。

野菜の高騰が思い浮かびます。米は大丈夫かしら…。

さて、と。

本日は端島を取り上げてみます。

この島は「はしま」といいます。

長崎県長崎市に属する島で、明治時代から昭和時代にかけては海底炭鉱によって栄えたところ。

昭和49年の閉山まで島民がいたのですが、今は無人島。

そうです。

2015年に「明治日本の産業革命遺産 製鉄・製鋼、造船、石炭産業」として世界文化遺産に登録された場所です。



韓国が突然ギャーギャー言い出したのは、まさにこの世界遺産申請の時期。

今まで70年以上も何も言わなかったのにねえ。

軍艦島というネーミングから、日本軍を想像したのかな。

そして、ウリナラ歴史認識を創造したのかな。

映画が証拠になる不思議な国ですもの。

かの国では、ある日突然に歴史が生まれ、事大主義と被害者妄想が湧き上がるお国柄。



この端島で暮らしていた島民にしてみれば、韓国から「地獄島」などと呼ばれることは、さぞ不愉快なことでしょう。

韓国人がいうには、朝鮮人が奴隷のように暮らし、閉じ込められ、虐殺されそうになって脱出を試みた?

そんなところで、運動会をしたり、朝鮮人向けの売春宿があったことなどはすべて無視…。

いつものごとく、都合の悪いところはカット。

映画を証拠にしてしまえるような国と、歴史認識なる4文字で共有できるわけがないのです。

だいたい、20万人以上の女性を性奴隷にされた国が、なぜその後に人口が増えたのでしょうね?

(最近ではこの数字を「20~30万人以上」と言い出した模様。すごい増殖ぶりです)

フランスの研究者が、当時の朝鮮に関する人口統計を調べたところ、日韓併合以降に「朝鮮の人口が増えている」のです。

なぜでしょうね?

でも、そういうことはマスコミも民進党や社民党、日本共産党などは決して言いません。

知っていてもね。

平成29年から50年後…。

鶯谷駅で虐殺されそうになり、脱出を試みた慰安婦たちの活躍を描いた映画が上映される時代がくるかもしれません。

そのとき、鶯谷は「地獄谷」と呼ばれているかもしれません。

日本にビザなしで渡航できる仕組みは、そのときには「日帝の仕業で強制的に連れてこられた」になっているかもしれません。

そういう意味では、韓国人の「出稼ぎ売春」は世界中で活躍中のようですから、それこそ世界中に「強制連行」です。

そして、そのころの韓国には慰安婦像が1万体ほど建立されているかもしれません。

どこに行っても慰安婦像。一家に一体。

いいじゃないですか、別に…。

そもそも、あの量産型慰安婦像は、米軍の事故でなくなった韓国人がモデルなのですから…。

慰安婦の実態も、第五種補給品と呼ばれた「米軍慰安婦」なわけですし。

慰安婦からの聞き取り調査ででてきた「クリスマス休暇」「ジープ」「ヘリコプター」などなど…。

そんなもの、当時の日本軍にはありませんわよ。

「人道に対する罪」なるものを作り上げ、事後法で日本をさばいた極東裁判でも、朝鮮人の性奴隷など見つからなかった。

それなのに…なかったものを発見した朝日新聞はスゴイですね。

もっとも、その虚構はすでにバレてしまいました。

でも、消えたわけじゃない。

慰安婦の次は徴用工ですもの。

だいたい、かの国がいうこと、かの国の歴史認識には証拠が何もないのです。

あえていえば、こういう証拠はあるのですけれどね

⇒ 炭鉱で稼ぐ朝鮮人

ホントに…いちいち、めんどくさい。

そして…バカすぎる。




THEME:韓国について | GENRE:政治・経済 |

右翼?


昨日のボクシング世界タイトルマッチ、チャンピオンの山中選手はTKO負けとなりました。

「はじめの一歩」のように、めったうちされてもレフェリーがとめないというのは幻想だし、危険極まりないこと。

またしても、具志堅用高さんの世界防衛記録に並ぶことはできませんでした。

山中選手でV12、内田選手はv11で長谷川選手はV10…。

あとは井上選手?

さて…。

ついに、韓国では慰安婦像を路線バスにのっけて走り始めたようですね。

これに対して、菅官房長官は「発言する気にもならないですね」とコメント。

うんうん。

韓国内のことについては、その程度の距離感でよいと思います。

淡々と、相手にしなければ宜しい。そのうち、韓国政府が狼狽するだけに終わります。

ただし!

話を海外に持ち出してきたときは、しっかりと反論し、たたきつぶしてほしい。

それにしても…88体ですか…。

まるで「追跡中」にでてくるハンターみたいですね。

在韓米軍との事故で亡くなった女の子をモチーフにした銅像を流用した少女像…。

朝鮮戦争のときに米軍に提供した第五種補給品で、韓国政府が管理した公的売春宿…基地村ってやつね。

それがこの像の正体なのにね。

せいぜい、自国内で作りまくればいい。

そのくせ、「日本人観光客が来ない。もっと来るニダ」などと言いだすところは、本当に理解できません。

たぶん、日本人に対する究極の差別心があるからなのでしょう。

究極の差別心とは、そもそも差別している自覚がないのですよ。

牛や犬の前で全裸になれるように…。

嫌日という意識がないなどと言われることがありますが、日本人を猿などと言っちゃうアレでしょ。

えっと…。

「欧米の侵略を日本だけが撃破した」

5年前くらいまでであれば、このような言葉を口に出したり、文章にしたら「右翼」と思われたかもしれません。

島根県竹島に対する、韓国の不法占拠事件もそう…実態は日本に対する侵略行為なんだけどね。

韓国に武力をもって不法占拠されたことを知らない国民が多数でしたし、ましてやその事件で日本人が殺傷・拉致されたなどと…。

日本をとりまく政治経済がひろく一般に理解され、意識に変化がおき、それがまた政治や経済、教育を動かしてきた。

いかにも「本当のこと」っぽく報道されているモノのなかにある、その正体のうさん臭さすら明らかになってきましたしね。

ネット、新聞、テレビをほんの少しでも比較検証すれば、誰にでもわかります。

それらの副産物なのでしょうか?

このような書籍が発行されるようにもなりました。



著者が「米国人記者」ではなくて、「英国人記者」というのがミソです。

かつて、英国は日本の重要な同盟国でした。

当時…。

大英帝国が、極東の島国にすぎない有色人種の日本と同盟を結ぶということは、実は相当に不可思議なこと。

アジアやアフリカなどの国々は「植民地」として見られていた時代です。

要するに、対等ではないのです。

日露戦争前後からでてきた「黄禍論」などをみれば明らかです。

にもかかわらず、大英帝国は日本を同盟国として選んだのです。

このテーマはまた後日にしたいと思いますが、このような背景を無視して、へんてこな話が出てくる…。



「テレビも新聞も嘘だらけ」

先月、TBSが意図的に映像を編集して自民党議員を批判したところ、その悪意的な編集を指摘され訂正しました。

小池都知事と握手したのに、その部分をカットして、小池都知事が握手しようとしたのに、それを拒否したかのように放送。

その編集映像を流して、コメンテーターたちが「求められた握手を拒否するなんて!」と、やったわけ。

NHKですら…。

国会中継をライブでみてみたらわかります。

夕方のニュースでは、まるで違った印象を持つはずです。

論点なり、放送の視点が全く異なるからです。

一般的には、その論点なり放送の視点は「偏向」と呼ぶレベルだと思っています。

どのテレビ局もそうだし、一部を除いた新聞各社も似たようなもの。

あの偏向ぶりからみたら、私なんて極右と呼ばれてしまうかもしれない。

「国家と国旗を否定する教師が、俺たち生徒に何を教えるっつーんだよ」などと粋がっていた高校時代の私。

あのころから、日教組とか共産党とかが大嫌いでした。

言っていることと、やっていることがまったく違うんだもん。

「平和」を唱えて暴力行為をやる。

自分たちの暴力行為や犯罪行為は、なぜかいつも「正義」であり、それを抑えるものを「悪」と決めつける。

今、沖縄の辺野古周辺でやっているアレなども、私は典型的だと思います。

新聞やテレビなどのマスコミを通じて、ではなくて

キャンプシュワブやアップルタウンなど、実際に現地に行き、自分の眼でみてきましたからね。

わたしのクルマの前に飛び出してきて、段ボールか何かに書いたものを高々と掲げて…。

マジで轢いてやろうかと思ったくらい。

ホンモノの右翼は、見た目はヤクザやチンピラかもしれません。でも、示威行為どまりかな。

左翼とかパヨクといった輩は、自分たちの主義主張のためなら、暴力をいとわない。

自分から飛び出してきておきながら、ちょっとでもクルマに触れていたら「轢かれたぁ~」と騒ぐのだろうな。

…。

「日本は良い国」だと困る勢力というものは、一体何なのか?

それをたぐれば、マスコミの偏向ぶりにもきちんとした理由があるということが見えてくるのでしょうね。



THEME:政治・経済・時事問題 | GENRE:政治・経済 |
PR
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
35位
アクセスランキングを見る>>
マネジメント
ブロとも申請フォーム
フェイクニュース
距離をおこう