プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

海辺暮らし
庭・菜園
出会い
食べる

手ぶらBBQ

そのお店は、水道橋の東京ドーム前にあります。

手ぶらでバーベキューができるお店。

お店というか、田園調布などの豪奢なおうちの庭…みたいな感じ。

東京ドームシティホテルの横にできたカルヴィーノ というお店。



今年は不思議に、ビアガーデンなどの「お庭で呑み喰い」というパターンが結構多いかな。

暑い日が多かったこともあるし、カラ梅雨っぽかったこともあるし…ビアガーデンお誘いも多かった。

東京ドームシティ前には、風と緑のビアガーデンが、今年もあります。

何しろ東京ドームの真正面ですから、はじめて見るひとはちょっと感動すると思います。

子どものころ、ここは後楽園と呼ばれるところでした。

その遊園地に行くと、ヒーローと握手できる! という場所。



「東京ドームで、君と握手!」なんていう宣伝をよく見かけたものです。

バーベキュー庭園あり、ビアガーデンあり、遊園地施設あり、ウインズ後楽園という、馬券売り場あり…。

で、手ぶらでバーベキューです。

めっちゃ本格的です。

ビアガーデンに毛がはえた程度のしろものじゃないです。



肉も野菜も、とっても豪華でウマいです。

ビアサーバーも出てくるし…。

仕事をササッと片付けて、グループで楽しめる、とても素晴らしいお店だと思います。

一番安いのが4,500円のコース。

これに1,500円で飲み放題2.5時間をプラスってところかしらね。

ボリュームはこれで十分だと思いました。

怖いのは「ゲリラ豪雨」というやつ。

途中であれにやられるとおカネ払ったのに「撤収」になっちゃいますもん。






スポンサーサイト
THEME:イタリアン | GENRE:グルメ |

庭園とジンギスカン

昨日の国会中継…。

前後のマスコミ報道も、偏向甚だしいと思いました。

実際の質疑をみましたが、トップバッターの自民党小野寺氏は素晴らしかった。

それに引き換え、野党のもろもろ、玉木某やら前川某やら…あれで疑惑云々って…。

論点のすりかえ、いいがかりの数々・・・安倍総理の忍耐が試されただけのイベント。

国籍法や公職選挙法違反が濃厚な蓮舫氏は全力で擁護し、悪いことを一切していない安倍総理には総攻撃。

これだけよってたかってあらさがしをしても、加計くらいしか見つけられなかったくらい、実はクリーンな政治家ってことでしょ。

これで内閣支持率が低下したとか…そんなんでホントにいいの?

安保法制や憲法改正に大反対しているマスコミのほうこそ、かつてのように国を変な方向に引っ張ろうとしていないか?

ここまでくると「報道しない自由」などではなく、冤罪やねつ造を自在に操り、世論を持論に誘導する存在ではないか?

そちらのほうが、よっぽど危険だと思うのだが…。

戦前の戦争賛美は、新聞社が率先して国民運動化した事実があり、朝日新聞が先頭に立って国民と政治家を煽ってた。

ホントに…自分たちの主義主張にとって都合の悪いことは一切報道しないという昨今には、恐ろしいものを感じます。

・・・。

話を変えます。

一週間くらい前に、信濃町の「森のビアガーデン」でバーベキューを食べたばかりなのですが…。

昨日はまた別のお仲間たちと、ジンギスカンを食べにでかけました。

でかけた…と申しましても、場所は新宿駅。

駅にくっついている小田急本館の13階にあります。

その名は ジンギスカン ビヤテラス といいます。

いわゆるビアガーデンは、東京にもたくさんあるし、新宿も然り。

信濃町の「森のビアガーデン」も良かったですけれどね。

こちらは、オトナな感じというか、照明などの雰囲気が落ち着いていて、騒がしくないところがいい。

お肉は食べ放題ではないけれど、オッサンたちはそんなに食べれないからね。

ガンガン呑めるんだけど、そんなに食べはしません。

なので、野菜の多いジンギスカンセットに、酒だけ飲み放題というプランがちょうどよいのです。

肉類も食べ放題となると、貧乏根性がでてきて食べまくり、胃がもたれる結果になるから…。

今回ご紹介のお店は、比較的穴場な感じがします。

メニュー

ラムのジンギスカン
フリードリンクセット(2時間制)  お一人様 5,500円(税込)

という構成です。

若い方々には少々物足りなさがあるかもしれませんが、そのような方々には 新宿BBQビアガーデン あたりがよいかなあ。

まあ…。

呑み過ぎ、食べ過ぎ…には気をつけて、スリや置き引きにも十分ご用心ください。

わたしも…。

先日、財布をスられたときは相当凹みましたが…。

高い授業料ではありましたが、そのおかげで、ずいぶんと脇の甘さが引き締まった感があります。

引き続き、気を付けましょう(自分にいいきかせる日々…)。





THEME:こんな店に行ってきました | GENRE:グルメ |

夏の飲み物

中玉トマトの何個かに、虫がついていました。

裏からみると穴をあけられていて、中身を喰われています。

う~ん。残念。

無農薬で育てているので、どうしても虫が出るとはいえ、4個ほどロスしてしまった。

あと数日したら熟して美味しいかなあ…と思っていたヤツだったので、実にくやしい。

大葉も、早朝に水まきしたあとに、虫チェックをしていると、結構大きめの毛虫をみつけます。

いつのまに、こんなにデカくなったんだ?どこに隠れていたんだ?

と思うくらい、黒々として、デカくなっている。

触ると毒毛がありそうなヤツなので、ピンセットでつまみ殺し、周辺の葉はハサミできりとって処分。

自閉の次男くんが夕方に収穫しているようなので、刺されないように…。

さて…。

まだまだ暑さが続く季節ということもあり、今回は「甘酒」を取り上げてみたいと思います。

甘酒…。

湯呑みにはいった、熱々をフーフー言いながら飲むというイメージ?

季節でいうと冬の飲み物かしらね。

実は、甘酒は夏場の滋養強壮ドリンクだったのです。

最近、スーパーなどで買い物をしていると、甘酒の品揃えがずいぶんと豊富なことに気づきました。

甘酒は夏場にしばしば飲みますので、我が家では、少しストックしています。

「塩とライチ」という粉末状のスティックと、甘酒の二本立てって感じ。

これをのみ終えたら、引き続きお酒になるのが週末のお約束。

私が甘酒を購入するところは、日本橋のコレド室町。

ここね ⇒ 千年こうじや

八海山は、地酒で有名ですよね。

そこの甘酒ですから。

そういうウンチクも、オッサンは大好きなのね。

ちょっとめんどくさいかもしれないけれど、少しくらい、こだわるところがあってもいいでしょ。

アルコールばかりなのも何だけど…。

甘酒のんで、自宅の庭で摘んだ大葉で豆腐を食べて、夕暮れくらいから日本酒を呑む。

う~ん。

こういうのが、平和な日々なんだろうな。

今週も今日で一段落。

くそ暑いけれど、頑張ろう!



THEME:ドリンク | GENRE:グルメ |

信濃町にて


自民党の石破氏に対して、非常に残念な気持ちでいっぱいです。

彼はもう…実質的にいえば、政治生命は終わったのだと思う。

(たとえ仲間でなくても)味方を、後ろから銃で攻撃する輩は、組織で決して信用されないし、やったヤツを許さないもの。

蓮舫は・・・どーでもいいや。

次の衆議院解散総選挙で民進党が霧消したとしても、参議院の議員である蓮舫は国会議員のまんまだし。

国籍って、どーでもいい話なのですか?

…。

話を変えます。

ある日、唐突に「あのさあ、バーベキューしたいんだけどね」と言われたのは、平日の昼下がり…。

相手は担当役員の常務さん。

はぁ?

「いやあ、先日札幌に出張してただろ。それなのに、ジンギスカン食べてこなかったんだよ。食べそこなったんだ」

(ふ~ん、そうでっか…こっちは忙しいんだよ!…とは、あくまでもココロの内)

「ということで、あとはヨロシク!」

…。

おれは秘書さんじゃないぞ、と思いつつ、すでに「どこにしようかな」などと計画をたてはじめる私。

総務屋さんというものは、言えば何でもしてくれるものと思われているところがある。

まあ…そういうところでさりげなく、ほんのりとセンスをみせて対応することで、業務上の信頼感が増すことは実際にあるけれど。

でも、それだけだと下働きみたいでつまんないじゃん。

なので、適当な遊び企画ほど「あそびゴコロ=センス」を発揮したくなるわけ。相手以上に自分自身を楽しませたくなるわけ。

若い子は、ここが理解できなくて、ふてくされることがままあるのだけれど…。

こういうことも、お仕事のひとつなのよ。

中高生で尾崎豊を聴いていた10代の頃だったら「こんなオトナになりたかねぇ~♪」なんて歌っていたかもしれないけどね。

「お追従」とめんどくさく考えるのではなくて、自ら楽しむという考え方をもてるかどうか…。

ということで、私がチョイスしたのは信濃町駅前にある 森のビアガーデン です。

新宿駅周辺には、ビルの屋上にビアガーデンがたくさんあるのですが、役員クラスのおっちゃんはそういうのはあまり好まない。

なんでかな?

森のビアガーデンは、結構人気がありまして、予約とるのも一苦労だったりします。

その辺もよしなに手配でき、当日は常務+3名+私の5名でバーベキュー大会のはじまりはじまり。

常務「いやぁ~、やっぱりバーベキューは地面に限るな、うん。屋上はなんとなく落ち着かなくってさあ」

(ふ~ん。地面と屋上の違いなのかい。俺にはわからんわ)

その後は、リラックスした雰囲気で職場とはうってかわって笑い話のオンパレード。

そうそう…こういうのが楽しいのよね、と。



ちなみに、清算はしっかりと割り勘です。

会議費では落としませんし、偉い人におごってもらうこともしません。

割り勘なので、偉い人も、そんなに偉ぶるわけにもいかない。このニュアンスが楽しさの秘訣なのかも。

ただし、無礼講ではないです。

会社組織において、無礼講なる言葉は、ない。

偉いヒトがたまに口にする「今日は無礼講だ」という言葉の意味は「俺に親しげに接してこい」という意味にすぎませんからね。

ちなみに、呑むたびにその費用を会議費で落とせと指示し、自らは決して自腹を切らないヒトも、世の中にはいます。

さいわいと申しましょうか…そういう方からお声がけいただくこと、まずありません。

わたしが予算を預かっているから?

上司と呑むときは会議費でもいいです。でも、部下と呑むときは自腹。

結局、ごちそうするときは、夜よりもお寿司屋さんでランチといったことが多い。

そのほうが喜ばれるし、安いし(笑)。

ハタラクティブ
THEME:バイキング・食べ放題 | GENRE:グルメ |

気がつけば…

思わず「おおっ」とうなってしまいました。

確かに…。

「気がつけば チェーン店ばかりで メシを食べている」

まさしく、そのまんま。



先日、次男クンの養護学校で授業参観がありました。

授業参観は土曜日に開催されたことから、翌週の月曜日が振替休日となりました。

いつもなら、おなじみのところで夕方まで預かってもらうのですが、私が休みをとれたので、次男くんと二人でお出かけ。

どこに行こっかぁ~♪

なんて、一人でワクワクしていたら、横から次男クンが「カツドン!」とひとこと。

そして、結局、「かつや」というカツ丼(トンカツ)のチェーン店に行くことになりました。

山下公園すぐ横にある、いつもの駐車場にクルマを停めて、

山下公園~中華街~日本大通りをグルリとお散歩し、

伊勢崎長者店 に入りました。

ここまできても、中華街でメシは食べない。豚まんも食べません。

さすがに次男クンは徹底しています。

ラーメン&餃子&ライスが大好物なのですが、いったん「カツドン!」ときめたら、もう揺るぐことはありません。

ここは自閉症クンの強さというか、融通のきかなさ。

(これがマイナスに作用するときは、もう大変です。癇癪おこしますからね)

そして、次男クンのチョイスは「海老・ヒレ・メンチカツ丼」でした。

わたしはカツ丼(松)というボリュームたっぷりのヤツ。

本当はね。

お蕎麦屋さんのカツ丼が好きなんです。

でも、時間がかかるじゃないですか。

自閉症クンは、私以上に「待つのが苦手」なので…。

「かつや」は結構重宝しています。

次はどこに行こうかな。







THEME:B級グルメ | GENRE:グルメ |
PR
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
35位
アクセスランキングを見る>>
マネジメント
ブロとも申請フォーム
フェイクニュース
距離をおこう