プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

海辺暮らし
家庭菜園
出会い
食べる

鎌倉の氷


昨日は仕事が一段落したといいますか、ひと息つける感じになったので、気まぐれで休日にしてしまいました。

で、向かったのは鎌倉の小町にある 山里 です。

オッサンがひとりでお店にはいり、いただいたのは「宇治金時白玉のせ」というかき氷。

かき氷って、なんというか…。

はっきりいうとお値段高くないですか?

京都の大学生時代、アルバイトしていた喫茶店でもは夏になるとかき氷がよく出たものです。

近所の不動産屋とヤナセによくアイスコーヒーの出前があり、たまに「かき氷」がオーダーされるときもありました。

「おいおい…溶けちゃうだろ。店にこいよ」って思ったりしたものです。

そのお店では、何のへんてつもない、製氷機で作った氷を砕いてかき氷を出していました。

でも…お値段のするところは、この氷が違うんですよね(たぶん)。

だって、口触りがぜんぜん違うもん。



京都も鎌倉も抹茶が結構人気だったりします。

特に鎌倉は禅寺が多いからなのか…。



ちなみに、こんな(↑) ストラップもあったりします。

携帯に着けるやつみたい。

むかし、アジの開きとか、お寿司(ウニの軍艦巻き)とか、そういうのを付けたりしていたときがありました。

東急ハンズでそんなのをよく買ったものですが、今は友人からもらった「メロン熊」というのをつけています。


スポンサーサイト
THEME:こんなお店行きました | GENRE:グルメ |

串だおれ

昨日はお仲間4名で神田に集合。

場所は神田駅すぐそばにある 串だおれ  というお店。

「新鮮素材の串揚げ全品+生キャベツが食べ放題!2時間2980円」

このフレーズに惹かれたんです。

私、基本的に揚げ物はあまり食べません。

どうしても、麺類が多くなってしまっているので、たまに無性に串揚げとか、とんかつなどが食べたくなるの。

もっとも、2時間といってもラストオーダーが30分前なので、実質は90分一本勝負!って感じ。

一回あたり注文できるのは一人3串までという制約もあるので、何ですが、あいまにキャベツを食べまくり。

神田周辺の「チープ」な感じも、いいものですね。

新宿の思い出横丁あたりや浅草の花屋敷周辺なんかだと、チープを超えてヤバイ感があるけれど、神田はちょっと違う。

安心して、チープに呑める街という感じがします。

それにしても、油ものを食べ過ぎました。

いい歳して…。



THEME:こんなお店行きました | GENRE:グルメ |

王将違い?

「政治のせいで、行政が歪められた」

文部科学省の天下りあっせんの責任をとらされた(辞めさせられた)前川氏の発言でひろがった、このひと言。

民主党政権だったとき…。

その当時、私は公法人に出向していて、例の事業仕分けでえらい目にあったことを思い出しました。

民主党は、国民向けのパフォーマンスとして事業仕分けをとても重視し、大々的にアピールしていました。

当時は100%バリバリの二重国籍者である蓮舫氏が「なぜ世界一を目指す必要があるの?二番じゃダメなのか!」

と、のたまったアレです。

あれこそ、最も行政をゆがめた政治手法そのもの、でした。

前原国土交通大臣が「公約なので、八ッ場ダムの開発はやめます」というのも、明確な根拠なく行政をゆがめたでしょ?

そして、民主党政権が「規制緩和」としてぶちあげたのが「特区」であり、四国への獣医学部設置検討となったわけ。

政権を転覆して、政治主導の名のもとにめちゃくちゃな政治をしたのは、民主党政権です。

予算編成の時期にさんざんでたらめなことをしてくれて…当時の所轄官庁は本当に大変だったのです。

私はそれらのとばっちりを受ける側でした。

来年度予算を所轄官庁に提出しなければならないのに…そもそも、その国家予算自体が未定なんだもん。

民主党政権のでたらめさは、

「自民党政権のときのものは全部ダメ。面子が全て。国民受けは民主党議員で、矛盾難問の解決は行政…」

でしたね。

私はその中で事務長として、本当にえらい思いをしたのです。

ですから、アサヒや民進党とか、まえだっち?でしたか…彼らの主張のひとつひとつが、とてもアホらしい。しらじらしい。

表面をすりかえようとしても、ムリですよ。国民の多くにバレてますやん。

安倍総理の「またくだらない質問で終わっちゃったね」という言葉もねえ…。

正直、国会中継みていれば、その通りだと思う。まともな質疑をしてほしいと、野党に対して言いたい。マジで。

安倍総理の言葉に対して「安倍総理は、国会を、国民をバカにしている」とすりかえようとしてもムダ。

バカにされているのは国会でも、国民でもなく、民進党そのものであることくらい、普通にわかりますからね。

さて…。

先日、仕事で外回りをしていたときのこと。

秋葉原で昼食をとるとき、ブラブラとお店を物色していました。

駅前にある「アキバイチ」ではなくて、違うところに行ってみよう・・。

そう思ったのが、そもそもの間違いでした。

「王将」という看板があることに気づいた私…。



大学時代を京都で暮らしていた私にとって、「天下一品」と「王将」はマストなお店でした。

なのですが…。

「餃子の王将」と「大阪王将」はまったく違うお店でございました。

はっきりいいます。

秋葉原の「大阪王将」のランチは、私が今まで経験してきたなかで、ぶっちぎりに最低な店でした。

ふつう、中華料理屋でまずいラーメンというのは、まずないです。

なのですが、秋葉原の大阪王将のランチセットで出てくるラーメンは、カップラーメン以下です。

とにかく「まずい」のです。

セットとしてでてきた「全て」がマズイし、少ないし…。

メニューの写真と実物の落差は、詐欺に近いものを感じました。正直いって「半島っぽい」感じ。

しかも、店員は中国語?か何かでおしゃべりに夢中ですし。

私は、とても腹が立ちました。

なんで、こんな店がアキバにあるの?とも。

もしかしたら、その日だけ、たまたまだったのかもしれません。

ランチは最低だけど、夕方以降はマシな料理を出すのかもしれません。

でも…。

少なくとも、私は「大阪王将」という店には、もう二度と行くことはないです。

あれだけ腹が立ったことは、滅多にないっす。

周囲の店と違って、ガラガラだったことには、しっかりした理由があったのです。

「餃子の王将」だって、サービスが良いわけじゃないけど、あそこは料理がしっかりしているから。

「くそまずい中華料理屋」というものを、私は初めて経験したのかもしれません。

アキバの大阪王将のレベルを10とすると、バーミヤンは1000かな。

大阪王将の、多店舗のことは存じ上げませんが、別に興味もないので、どーでもいいっす。

とにかく、ここまで客をバカにした店ははじめてだったので、好き勝手に書きました。

大阪王将ファンの方には申し訳ございませんが、「王将」の看板は下げてほしい。



THEME:中華料理 | GENRE:グルメ |

初夏のにごり酒


われらが浦和レッズが、韓国のチームと対戦した件について、少しコメントします。

まず、以下の記事を見つけました。

「~AFCチャンピオンズリーグ(ACL)決勝トーナメント1回戦、浦和レッズと済州ユナイテッド(韓国)の第2戦で起こった済州による前代未聞の退場劇と暴力行為という蛮行は欧州メディアでも批判されている。韓国メディアによると、済州は選手に事情聴取を展開。一連の蛮行について「浦和FWズラタンの挑発が端緒」という調査結果をまとめ、浦和への対抗措置を準備する衝撃的な動きに出ているという。地元メディア「東亜日報」が報じている。~」

あの国は、常に誰かに責任転嫁して、自分たちの正当性を主張する。

その論理構築は本来ありえないはずなのに、相手が反論しないと既成事実化されてしまうわけ。

そして、反論すべき相手側のニッポンからも…。

一部の論調ではありますが、どうみてもおかしい。

特に、老害を代表する張本某という朝鮮人の「喝」ほど無意味というか、バカバカしいというか…。

TBSの番組が顕著だけれど、浦和レッズの選手たちに対して、何を反省すべきだというのか?

朝鮮の文化は先に書いたとおり「自分だけは正しい。悪いのは自分以外」という例の責任転嫁に終始する見苦しさ。

日章旗(旭日旗)が問題になったのも、サッカーの試合で韓国人が言い放ったでたらめから…。

そんなものに、日本は付き合う必要など1ミリもないし、許容してあげる必要もない。

日本のために、次世代の日本人サッカー選手のためにも、ここは明確にすべき。

この問題、どうなることやら…。

さて…。

今週の気温はいくぶん控えめが続くようです。

朝は割と肌寒かったりするので、適宜調整しないと、また風邪ひきそう。

とはいえ、世の中はすでに「初夏」でございます。

そんな初夏の季節には、こういうものがおススメ。

広島の「にごり酒」です。



このお酒はロックがいいですね。

にごり酒が苦手という方も結構いらっしゃいますが、これはサラッとしています。

とても飲みやすいです。

広島の地酒って、エリア的には少々マイナーかもしれませんが、賀茂鶴はメジャーな地酒です。

にごり酒は、すぐに飲み切ってしまったほうがよいので、一升瓶ではなく四号瓶での購入がおススメです。








THEME:日本酒 | GENRE:グルメ |

野毛で呑む

昨日は久しぶりに、ヨコハマで呑み会がございました。

ヨコハマといっても、新港でもなければ山下公園、中華街といったエリアではありません。

場所は 野毛 でございます。

アド街ック天国などにも出てきたことがありましたね。



雰囲気は、新宿のゴールデン街みたいな感じ。

きれいじゃないけど、汚くもないし、怖い雰囲気もない。

呑んべえたちは、基本どいつもこいつも面白いし、飲み屋ではたいてい気さくなオッサン。

何も知らない、見ず知らずの相手でも、普通に会話したりするしね。

やはりといいますか、ここでも話題にあがりましたわよ。

前川という、天下りあっせん禁止に反した責任をとらされて、文科省の事務次官辞めさせられた元エリート…。

出会い系の店にいりびたっていたことをすっぱ抜かれたことについて、本人の弁は

「私が行ったのは事実。ドキュメント番組で女性の貧困について扱った番組を見て、実際に話を聞いてみたいと思った。食事をして、小遣いをあげたりしていた。そこで出会った女性を通して、女性の貧困と子供の貧困が通じていることがわかった。ああいうところに出入りしたのは意義があった」

…は?

ったく、何をすまし顔で、しゃべってるんだか。

すでに、さ・・そのお店で、お札みせて女の子に交渉していたとか、そういう話もでてきているのにね。

スケベがカッコつけたところで、そんな人間の言葉を信じるヤツなんているのかね?

と、みんなで言っていたのですけれど、野党とマスコミは信じている風なの?

ホントにあんなコメントを信じるの?マジで?うそでしょ?

たぶん、信じたテイでいかないと、自分たちにとって都合が悪いからなんだろうな。

だってさ。

彼氏や夫がこんなコメントを堂々と主張して、彼女なり奥さまは、それ信じるかい?

カミサンにきいてみたら「行って楽しかったでいいじゃん。むしろカッコつけてる分むかつく」って言っていました。

日教組の前委員長も、組合費でスケベな店に通ったり、スケベなことしてたのバレましたね。似てますね。

私が思うに、この前川というスケベな輩は、マッチポンプなのでしょうね。

天下りあっせんがバレて、自分で資料や情報を整え、退官後に朝日新聞に渡して、文春に「あれはホンモノと証言」。

全て自分で仕組み、仕込んでいたら、そうでしょ。

あの怪文書に書かれている言葉は、ひとつひとつの要素を読んだら、そのとおりなのでしょうね。

たとえば、国際医療福祉大学が成田に作った医学部。

規制緩和に対し、既得権益を守りたい医師会や文科省が抵抗し、時間がかかったわけ。

それと同じにしてはいけないという「内閣府の強い意向」はあったでしょう。当然です。

いわゆる特区の趣旨そのものだと思うから。

それを、悪意をもって「安倍が悪い」につなげたい一心で、違うものに解釈しているだけ…と私は思っています。



省庁だけに任せると、既得権益から逃れられず、特区は絵に描いた餅にすぎない。

だから、政治主導でやらないといけないということになったわけではなかったのか?

 (これは政権奪取後の民主党政権のスタンス。もっとも政治主導をはき違えて国をおかしくしたけれど)。

「その趣旨・経緯」にフタをして、安倍総理が悪いことをしていたんだ!というのはムリがありすぎ。

獣医師会からおカネをもらい、業界の利益のために行動していたのがバレた民進党の玉木氏は、ひきこもり…。

難癖つけて、話をそらして、言いがかりみたいなことばかりやっていたら、自身にブーメラン刺さって動けなくなった…。

自分たちの仲間は露骨にかばい、ブーメランの数々については「報道しない自由」という権力を行使するひとたち。

民進党や朝日新聞の、そういうところが国民から嫌われているというのに。

ちなみに、今回のOBによる自己本位な言動によって、文科省の現役役人さんたちは大変でしょうね。

自己保身に汲々していることでしょう。

えっと…。

前回は神奈川大学近くの白楽という場所で開催された呑み会は、今回は野毛となり、次はどこかしら…。

横浜ベイクォーターのビアテラスなんて、時期的にみても結構いいかも…ふふふ。

今朝、腹まわりのサイズを測定してみると、89センチ。

自分のベストは85センチなので、プラス4センチ。

85センチ以上になると、他の項目でひっかかると保健指導の対象になってしまうというアレです。

でも、でも、でもぉ~。

定期健診なんて 気にしないわぁ♪






THEME:B級グルメ | GENRE:グルメ |
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
38位
アクセスランキングを見る>>
マネジメント
ブロとも申請フォーム
遊び
DIY
呑み