プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

海辺暮らし
庭・菜園
出会い
食べる

他人との距離感

世の中にはいろんなヒトがいるものです。

韓国の文大統領が、ようやく本性を出してきました。

「徴用工」について、従来からネットで指摘されてきたとおり、日本に賠償を求める意思を表明しました。

武力による竹島の不法占拠…。

朝日新聞のねつ造に乗じた「従軍慰安婦」…。

慰安婦でおカネとるのも厳しくなってきたから、次は徴用工を問題視するんだろうな…とは数年前から指摘されてきたこと。

ここまで「自分たちだけはなんでもあり」という韓国って…。

それに日本がどう対応すると思ってのことなのか…バカなの?日本はそこまでなめられているの?

さらに、日本海を韓国海に変更しようと企図した動きもあるし…(最初は東海ね)

他国の旗(日章旗)にはいちゃもんを付けてくるし…。

それなりに理解しているつもりでしたが、それでも「マジ?」ってドン引きする数々の所業。

日本からおカネをむしれるだけむしり取り、技術もパクリ、そのくせ一方的に日本を貶めることばかりに執心する国。

ということで、今回は「距離感」というものについて、書いてみたいと思います。



こちらは一定の距離を保ちたいのに、一方的にズカズカと入ってきて、攻撃的になる…。

とか

相手などしたくないのに、病的なメールを平気で送りつけてくる…。

とか

最初は、笑顔でふるまい、よさげなヒトに見えたりするのです。

とか…。

常識人にしかみえなかった方が、何かの拍子に豹変するわけ…。

わからない方には、たぶんわからないことでしょう。

でも、できればそのまま「わからない」ままでいてほしいものです。

わかってしまうと…本当に大変。

とってもめんどくさいし…。

「巻き込まれ」感がハンパないです。

ですので、その時に備えて(というか、やりすごすために)、傾向と対策は理解しておくと良いのかもしれません。

何かに依存しがちな方は、そこを付け込まれることがままあるものです。

ボクシングのように、自分の距離感というものをもっていると良いのでしょう。

それも、ひとつだけではなくて、ショートレンジやミドルレンジといったように、時と場面に応じて使い分ける。

距離感…やはり大事だと思います。



隣国じゃないのだから、韓国なんかと仲良くする必要など、ないのですよ。

っていうか、事大主義で「日本は弟であり、下の立場であり、悪である」という定義にされているわけ。

そんな国と、そもそも仲良くなれるわけがない。

70年以上も話し合い、殴られても黙って殴られてきたのが日本。

で、そんな関係をおしまいにする!と宣言し、実行しているのが安倍総理。

文大統領の発言に対し、外務省からの抗議といった「ぬるいこと」ではなく、日本は何らかの報復をすべきだと私は思います。

対馬で盗難された仏像だって、いまだ返還されていないし…。

韓国への投資引き揚げとか、そういう「現実」を見せて、明確に距離を置いたほうがいい。

本当にやったほうがいい。スワップなんてありえない。



スポンサーサイト
THEME:お仕事日記 | GENRE:ビジネス |

あと一か月

豊洲移転問題や、森友学園にまつわる騒動…。

あれ、結局どうなったの?とは思わないのだろうか…。

都議会選挙では「築地も残す」含みの発言をしていた都知事ですが、選挙が終わったら「築地は残さない」と。

森友学園にいたっては、民進党の辻元氏と大阪生コン疑惑が持ち上がったとたん、グダグダになりましたね。

あれ、安倍政権倒閣運動の方々はどうするのかしら?

あれだけ大騒ぎしておいて、知らんぷりして、なかったことにでもするおつもり?

加計学園についても、もう少ししたら自然消滅するのでしょうか?

なんというか…。

着地点なき議論ほど不毛なものはないし、しょせん「いいがかり」にすぎないわけで…。

野党とマスコミがスクラムを組んで「倒閣運動」している現状を、私はとても危惧しています。

煽り方や、偏向した報道ぶりは、まさにパヨクが大好きな「戦前回帰」じゃないのか。

だいたい、安倍総理への攻撃ぶりは、他人事じゃないですよ。

もし、やっていないのに「痴漢だ」と指さされたとき、あなたならどうする?

正直、加計問題に登場した前川某の発言は「あのヒト、痴漢です」と同じにしか思えない。

「痴漢なんかしていません」と、どう説明できるの?証明できるの?

しかも「二年前に痴漢しただろ。やっていないのなら、その証拠を示せ!」と言われたら? ←朝日新聞の主張ね。

私だって「二年前のいついつと言われても記憶にないし、記憶にない以上、やっていない」としか言えないがな。

ああああ…バカバカしい。税金の無駄遣い。

さて…。

話をガラリと変えてしまいます。

社会保険労務士の本試験まで、あと一か月。

どの受験予備校でも、合格者の誰もが言っていることですが、ここからは自己管理能力がとても重要になります。



多くの場合、資格の勉強をはじめた当初にたてた「予定/計画」どおりには、進捗していないものです。

仕事もあるし、お付き合いも…風邪をひいたり気管支炎を患ったり…。

日々の暮らしは、自分に都合よくは動かない。

予定調和に行かないものですからね。

大事なことは、日々動いている日常と、ある意味「理想的な計画」のギャップをどう考えるか?

理想的にはいかないものだし、ベストな選択もそうそうできることじゃない。

では、計画をたてることはムダなの? それも違います。

仕事では、いわゆる作業工程を作ります。

これがないと、スタートしてから、都度の「修正」が難しくなるから。

ゴールに到達する「時間」と「レベル」を管理するために必要なのがロードマップ。

7月を終えて、受験月の8月にはいった受験生…。

この時点でも、あくまでも「理想的な計画」を追求することは、すでに効率的ではありません。

むしろ、不合格リスクが増すだけです。

模擬問題なり模擬試験を5回から7回分くらいは、やらないとダメ。

そして、間違えたところと、その関連法規をしっかりと復習すること。

この時期で、まだテキストの通読を終了していない場合、もう通読にあてる時間はないと考えたほうがいいです。

コンプリートするために必要な時間は、もうないのです。

これまでの努力が足りなかったのです。

すでに…それを補える時間は、少なくとも社会人にはないでしょう。

8月になったら、もうテキストを読むことはやめる。

読んでいないテキストがあっても、それをベースにはしない。

問題集をやる。

〇×つけて終わり、でもダメ。

〇の理由、×の理由を明確にする。

模擬テストを、しっかり勉強するには、一回分だけでも丸二日くらいかかります。

私が受験生だったとき…。

まず、土曜日は「本試験と同様」に、模擬テストの問題を解きます。

そして、その日のうちに〇×をつけて、点数を確認します。

正解だった問題は、自分が根拠にした理由が本当に正解かどうかを確認します。

〇だったけど、自分の根拠自体は間違っていた、ということはよくある話。たまたま〇だっただけ。

土曜日は、そういうところをしっかり確認し、自分の甘さを認めるわけ。

そして、翌日の日曜日には、×だったところを徹底的に確認します。

ただし、このやりかたは…実際にやればわかりますが、本当にしんどいのです。

でも、しんどいことを繰り返さないと、実力はつかない。

受験生の多くは、一年以上前から勉強されていることでしょう。

そして、今年の本番まで、あと一か月。

焦りも出てくる時期でしょうが、体調管理に努めつつ、テキストから問題集にシフトしていただきたいものです。



試験会場にいる「スーツをきたおじさんたち」は、社労士として活躍されている先輩方です。

試験監督をしつつ、受験生の皆さんを応援している方々です。

受験生に話しかけたりしてはいけないとか、いろいろあるので不愛想かもしれませんが、心の中では応援しているのです。

かつては我々も受験生でしたから…。

もう少し あと少し…頑張りましょう。






THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

×だけ

この時期になると、暑くて(エアコンかけずに寝るので)明け方に目が覚めてしまいます。

普段も5時台に起きているのですが、夏場は夜明けが早いので…。

ホント、わたしゃジイさんかいな?

えっと…。

社労士本試験日まで、あと一か月ちょっとになりました。

そして、10月は宅建士で、11月は行政書士。

受験勉強をしていると、何度も同じ問題を同じように間違えること、ありません?

特に、受験回数の多い方、一生懸命勉強してきた方に、この傾向があるように思っています。

なぜだろう?

それは、最初に覚えた筋道なり解釈がそのまま強く記憶に残っていて、更新ができないパターン。

ワードやエクセルで資料を作っているとしましょうか。

でも、いくら一生懸命資料を作っても、それを印刷して提出しても、その後「上書き保存」できなければ…。

そうです。

最初に作成した内容だけが毎回残ってしまいますね。



なぜこうなるのか?

それはもう「根拠があいまい」というところに尽きると思います。

また、年齢を経ると「一度覚えた内容を変更・更新することがとても苦手」という傾向もあると思います。

そのような状況の方に有効な勉強方法が、上にお示した問題集。

「比較認識法」なんていう言葉を覚える必要はまったくありません。

そこはどーでもいいです。

ここにでてくる問題は「全て×」なのです。

つまり

「この問題はどこがおかしいのだろう」

「ここがおかしい。だって正解は〇〇だから」

このように勉強していくと、本試験に強くなると思います。

だって、結局のところ

「おかしいところがあったら×」

であって、

「おかしいところが見つからないから〇」

でしょ。

×の箇所をさがし、それを×だと判断した根拠が正しいかどうかを正解とすり合わせることは、とても大事ですよね。

ヒトをいちいち疑ってかかるのは、ヒトとしてどうかと思いますが、本試験の問題はいちいち疑ってかかる必要があります。

揚げ足をとる文言がない…だから〇と判断した。

このような判断軸を養っておくことも、また大事なスキル。

わたしも久しぶりに、問題解いてみようかな。




THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

おさらい

社会保険労務士の本試験は来月…。

受験生にとっては、この「一年に一度」というのがしんどいところです。

一年に2回受験できたらなあ…って、受験生のときマジで思ったものです。

わたしが自宅にクーラー設置したのは、まさにこの社労士受験生だったときでした。

夏休みをまるごと受験勉強にあてて、自宅にこもっていたのですが、さすがに暑いのです。

しかも、近所の子どもたちの声がやたらと耳について、集中を欠いたり…。

もうずいぶん昔のことになりました。

でも、今でも勉強は継続しているんです。

忘れちゃうと困るということがひとつ。

もうひとつは、法改正が頻繁にある業界であるということ。

受験生にとっては「合格するための勉強」ですが、合格し、都道府県会に入会し、支部活動を始めると、知識も必要。

「社労士さんなのに、こんなことも知らないの?」とは、言われたくないわけで…。



しかも、聞かれることはたいてい「法改正に伴って、これから必要な措置・制度」だったりします。

ということで、私は毎年「直前対策本」を購入して通勤時に読むことにしています。

本試験対策ではないので、アタリがつけばそれでいいって感じ。

白書も、実務上では必須じゃないけれど、雑談力という意味では結構役に立ちます。

業務上の打ち合わせがあって、用件は片付いたあとの雑談などで、

「そういえば今年の厚労省白書には〇〇といったことが書かれていましたから、当局も重視しているのは間違いないでしょうね」

「昨年の白書は〇〇で、今年の白書は△△でしたから、まだ当分は様子眺めで宜しいと思いますよ」

といったことも話せます。

このような雑談は、案外と顧客や上司の信頼を深める要素になったりするものです。

それのみを目的とすると、なんだかいやらしい響きがあるかもしれません。

ですが、教養としてもっておきたいレベルだと思います。



THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

通勤災害

いよいよ夏本番が近づいてきたからか…。

庭の野菜たちの成長がすごくなってきました。

数日放置していたら、いんげん・なす などがあっという間に巨大化しています。

当分の間、野菜には困らないだろうなあ。

さて…。

知人の部下が朝の通勤時にけがをして休んだ、とのこと。

その部下さんが病院に行ったところ「通勤災害として申請できるのでは?」と言われた、と。

それで私のところに相談がきた次第。

結論からいうと、今回は通勤途上災害にはあたらないだろうなあ、ということ。

事実確認としては、こんな感じ。

朝、出勤時に最寄り駅の近くにあるコンビニに入ったAさん。

そのコンビニのなかで、床がツルツルだったところがあったらしく、店内で転んで左腕を強打した、とのこと。

簡単にいうと、けがをしたときは「通勤中」ではなく「お買い物中」というわけです。

通勤途中に通勤経路から外れることを「逸脱」といいます。

この逸脱の間にけがをしても、通勤途上災害にはあたらないのです。

そして、この逸脱時間がある程度たつと、通勤は「中断」となり、その後通勤経路に戻っても、それは通勤にはあたらない。

会社からの帰宅時に美容院に行き、そこで2時間経過したとしましょう。

以降の帰宅は仕事帰りというよりも、美容院からの帰りという性格が強いです。

そのような私的行為にまで、労災保険を適用することはしない。

通勤途上災害を、労災保険を簡単にいうとこういうことなんです。

ちなみに…。

労災には「業務上災害」と「通勤途上災害」の二種類があります。

業務上災害は文字通り「業務上のけが」ですから会社に責任があります。

でも、通勤途上災害は、会社に落ち度はないです。

なので、業務上災害が発生した場合は会社にペナルティが課されたりしますが(労災保険料率の引き上げとか)、

通勤途上災害は会社へのペナルティはありません。

会社や担当者によっては、労災申請をいやがったりする場合がありますが、それはペナルティがいやなわけ。

通勤途上災害はちがうのに、一括りにしているヒトがたまにいるので、ご注意ください。




THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |
PR
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
35位
アクセスランキングを見る>>
マネジメント
ブロとも申請フォーム
フェイクニュース
距離をおこう