プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

手軽にお買い物
勉強
家庭菜園
出会い
エン婚活 婚活パーティー
簿記、経理
備え

どうなんだろう…

先日、東急沿線のとあるエリアで感じたこと。

小学生の高学年と思われる集団が、何十組もみかけました。

最初はなんとも思わなかったのですが、途中から「んっ?」と…。

何が?というと、その服装や身だしなみ。

社会人みたいなのですよ。

髪型はもちろん、服装やカバン、靴といったものまで。

顔さえみなければ、トータルでOLみたいな「小学生」…。

どうみても、子どものお小遣いなんかで買えやしないものを身にまとっています。

そういう子どもたちが…何十組も…。

東急沿線だから?

(田園都市線はハイソな方々がお住まいしているという偏見を持っている私。大昔の金妻イメージが抜けない)

他の地域でもそうなの?

でも、うちの周辺ではみかけないぞ。

よそのオタクのおうちの話ですから、大きなお世話なのでしょうけれどね。

小学生からそんなんだと、オトナになってどうするのだろう。

自分の給与で賄えるのだろうか?

自分の親が与えてくれた衣食住を、将来の夫に求めるとしたら、それはとても酷な話だろう…。

いろんな場面で二極化がさらに進むのかなあ…。

などなど、おっさんの妄想がはじまっていくのでした。

実際にね。

ゆとりの次の世代(さとり?)の次の世代と経ていくにつれて…。

今年もすでに、?な新入社員がでてきています。

「試採用中で年休がないらしいですが、息子は疲れていますので、少し休ませてください」

こんなことを、会社に連絡してくる母親さんが、今年もでました。

教育担当が、こぼしていました。

「現場からは「あんな奴採用したのは誰だ!」と言われるし…でも、そんなこと言ってたら誰もとれないし…」

遅刻しても

「あやまりもせず、何も言わず、席につこうとする」

ので、先輩が

「今日、どうして遅れたんだ」

と聞くと

「少し遅れただけです(笑顔)」

…。

(笑顔じゃないのよ…少し遅れただけ…でもないのよ…と思いつつ、ぐっとガマンしたその先輩)

「明日からは遅刻するなよ」

に対して

「電車が遅れたら、会社につくのも遅れますよ。文句があるならJRにいってください(ふくれっ面)」

…。

たしかにね。

酒の席でこんな話をきかされると、他人事で笑っちゃうけど、自分の所属に配属されたら大変だわ。

スポンサーサイト
THEME:子育て・教育 | GENRE:学校・教育 |

英語


長男くんが高校生になって一週間ちょっとです。

彼は中学2年生のとき、すでに英検準2級に合格していました。

そんな彼をみていて思ったのが、私の英語力。



ちょっと、やばいかな…。

もともと、英語はそれなりに得意科目だったんです。

というか、現代文、古文、日本史は超得意科目で、英語もまあまあ。

まさに「私立文系」の鏡と申せましょう。

とはいえ、私の英語力はあくまでも高校時代の受験英語」にすぎません。

今後のことを考えると、どこかで英語力を磨いておいたほうが良い、とは思っているんです。

新宿エリアで外国人就労や入管関係の仕事をするようになれば、英語力は武器です。

もしかすると、武器なんかじゃなくて、普通に必要な基本スキルになっているかもしれません。

若い社労士の先生には、元ITエンジニアとかがいて、デジタル時代にばっちり対応できています。

英語かあ…。

TOEIC、どうしよっかな。

THEME: 英語・英会話学習 | GENRE:学校・教育 |

食物アレルギー対応


長男くんの食物アレルギーについては、小さいときからずっと大変なものでした。

外食が困難だったので、でかけるときはたいていお弁当&お茶持参というパターンでした。

ファミレスなんて、行く気になれませんでした。

アレルギー対応メニューというものもあるのですが、病院食みたいだったし。

なのですが…。

そんななかで、我が家にとって実に便利というか、ありがたい存在なのがサイゼリア。



ここは、値段の安さで超有名なイタリアンレストラン。

調理をしないレストランでもあります。

店員さんにお願いすると、アイパッドで、アレルギー表示メニューを出してもらえます。

それを見ることで、ひとつひとつ、特定原材料を確認することができます。

何がOKで、何がダメなのか…。

長男くんは、何度か大変な目にあっているので、安心できないものは食べない。

少しでも不安要素があると、それが気になってしまって食事を楽しむことができないのです。

何も知らないヒトは、それを「神経質」と感じるかもしれないけれど、私たちは決してそう思わない。

下手すると、命を失うのですよ。

エピペンをカバンに入れて外出している我が家では、常識。

さて…。

サイゼリアの魅力は、表示よりも「食べれる品目が圧倒的に多い」ところです。

パスタやピザ、フォッカチオなど、食べることのできるメニューがたくさんあるのも、このお店によいところ。






THEME:こんな店に行ってきました | GENRE:グルメ |

落ちこぼれ軍団の奇跡


南スーダンPKO派遣部隊に関する国会の質疑というか、議論なのか…どちらにしても、非常に残念です。

自民党も野党も、どうしようもない。

結局のところ、憲法を改正しないから、こんなくだらない「言葉遊び」をやる。

官僚や政治家が「解釈」という名目で、あーだこーだと騒ぐ。

条文を素直にそのまま読めば、自衛隊は憲法違反なのですから、その組織の活動はすべからく違憲なんです。

野党はそう言い切ってしまえばいい。

でも、自衛隊は日本にとって絶対必要な組織です。

それについては、あの日本共産党でさえも認めざるを得ないわけです。

であれば、憲法は時代の要請にみあう内容に変えなければならない。

それにもかかわらず、憲法改正は「悪」みたいに扱うから、いつまでも憲法解釈という言葉遊びに終始する。

「自衛隊員が戦闘で死んだら総理は辞職しろ」といった某政治家には本当に失望したし。

もっと優秀な政治家かと思っていましたので。

この言葉の裏返しには「スーダンで自衛隊が死ねばいい」という意味が絶対に含まれています。

自衛隊員の立場になって考えろよ。

政治家がそれを考えないで、誰が考えるのよ。自民党も野党もないだろうが!

これについては、本当にアタマにきました。

「自衛隊は人殺しの予算」だの「自衛隊員が、殺し、殺され…」

自衛官の子どもたちは、政治家たちのこのような発言をみて、どう思うのか…。

国のために働いている人たちに対して、あまりに失礼ではないか?

…。

話を変えます。

ムカムカしながら本棚を整理していて、久しぶりに手に取って読み返してみたのがこの本。

「落ちこぼれ軍団の奇跡」 です。

私が中学生のとき「スクールウォーズ」というテレビドラマが放送していました。

モデルは京都の伏見工業。

今は学校再編の流れで「京都工学院高校」になるようですが・・・。



不良の世界では超一流だった伏見工業。

京都で暮らしていた頃、朱雀や西京あたりのヤンキー兄ちゃんたちが「伏見だけは別」って言っていたものでした。

この学校がラグビー日本一になったとき、めぐりあった監督とキャプテンがこの二人。



学校教育や高校スポーツの世界だけではなく、人事・人材育成に関わる人たちにも結構知られています。

PM(プロジェクトマネジメント)の世界でもそう・・・。

私は、運動が決して得意ではないです。

足は遅いし・・・。

世の中にはあふれる才能をお持ちの方や、ハイレベルで文武両道の方もいらっしゃいます。

東大野球部で大活躍している宮台選手なんか、典型でしょうね。

高い運動神経に、インテリジェンスが加わり、そこに絶え間ない努力を重ねていけるヒト。

そのきっかけになることは、どんなことなのだろう・・・。

私は学校や教師という存在をどうしても好きになれないのは、巡り合えなかったから?

それとも、単なる甘えにすぎなかった?

両方だったのかもしれないです。

それこそ「文武不両道」

何をするでもなく、ただ無為に日々を重ねていただけ・・・。

今考えると、とてももったいないな、と。

そこはちょっと・・・後悔していたりするのです。

今までのところ、自分の人生そのものには何の悔いもないのだけれど・・・。

なんというか、もう少し「限界ぎりぎりまで頑張った自分」という経験があっても良かったなあって。

だから、それを実践している若者をみると、とても感動してしまいます。

自分はやらなかったから・・・逃げたから・・・。

・・・。

中学生のころに読んで感動した物語。

40代半ばを過ぎたオッサンは、自省するばかり。

もうちょっと頑張ってみるか。




THEME:生きる力 | GENRE:学校・教育 |

初めての受験


友人の娘さんが中学受験の最中とのこと。

「今週で終わりなので、あと少し…」と言っていましたが、本当に親子で大変みたいです。

女子学院と豊島岡女子学院ねえ。

ネットでみたけど、こりゃあ大変そうだ。

…。

我が家は私も妻も、子どもたちも中学受験を知りません。

中学3年生の長男くんは、生まれてはじめて「受験」に臨みます。

思えば、彼が小学五年生くらいのとき、通学圏内に「公立の中高一貫校」が誕生しました。

そして、その学校を受けるかどうか…なまじ塾での成績が結構よかったので、いろいろ考えてしまったんですよね。

結局、彼は「歩いていける学区の公立中学でいい」ということになり、今日に至っています。



東京・神奈川には名門と呼ばれる私立の進学校がたくさん存在します。

そして、それらの学校に生徒を送り込む進学塾もたくさんあります。

長男が通っていた小学校は半数以上が中学受験をする学校で、成績のよかった長男くんは迷っていたみたい。

いずれにしても、長男くんにとっては今回の高校受験がはじめての「受験」となります。



第一志望は横浜にある公立高校。

行きたい公立高校が二校あり、最後の最後まで迷っていましたが、ようやく決心がついたみたいです。

それに加えて、内申推薦(併願)の私立一校に、東京の私立一校を受験することになりました。

どの学校に通うことになるにせよ、はいったところでマイペースに楽しめばいい。そしてちょっと頑張ってみたらいい。

公立には公立の、私立には私立の良さがあるはず。多分。

それぞれに「ない」ものを求めるのが、一番めんどくさいし、不幸な結果しかもたらさないしね。

もし、なにもなかったとしたら、退学なんかしないで、自分で何かを生み出せばいい。

そんな高校生になってほしい…と思う父であった。






THEME:高校受験 | GENRE:学校・教育 |
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
166位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
46位
アクセスランキングを見る>>
ブロとも申請フォーム
マネジメント
遊び
釣り