プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

海辺暮らし
庭・菜園
出会い
食べる

悩み多し

甲子園…。

横浜は残念な結果に終わりましたが、相手の秀岳館は明らかに実力校でした。

神奈川県予選では圧倒的に強かったあの横浜が、まさに力負けって感じでしたもん。

来年に期待したいと思いますが、東海大相模、桐光、桐蔭、横浜隼人、慶應、日大…強豪校も目白押し…。

各校、すでに来年にむけて頑張っているようですからね。

さて、と。

世の中には、なんでこんなに悩みが・・・むかつくことがあるのだろう…。

先日の飲み会で、そんなよもやま話に展開したのは、ささいなことから。

すぐに怒る、または怒られる…。

すぐに落ち込む、または落ち込まれる…。

すぐに迷う、または迷走される…。

相手は上司の場合もあれば同僚、部下の場合もあります。

職場でなくても、妻や夫、子供や実親、義親などの場合もあります。

そんなとき、どうしよう…どう考えて、どのように対処すればよいのだろう…。

仏教のお偉いお師匠様はこんなことを書いています。



わかりやすく書かれているものの、やはりお堅いと申しましょうか…。

汚れちまった我がココロには、キレイゴトに聞こえてしまうことも、また多し。

そこで、マネジメントという視点にたって考えてみたのがこちら。

表紙の子どもの怒り顔がたまらないですね。



この本にも書かれているのですが、「怒り」という感情は、たいていその後に「後悔」というものがついてきます。

「怒り」とは、あくまでも自分自身のココロから湧いてくる感情です。

それをあたえた「誰か」に焦点をあてても、意味がないのです。

そう…。

まず最初にすべきことは、自分自身の「怒りのクセ」に気づくこと、らしい。

自分の「怒りのクセ」に気づいていますか?

このクセに気づいていなければ、自身の怒りという感情をコントロールすることはできません。

わたしの場合、理不尽な要求や人を見下したような言動をするヒト、やる気を見せない部下に怒りを覚えることが多い。

そして、その自分の気持ちに従い、相手を「徹底的にこらしめてやりたい」という感情が、以前は沸いてきたものです。

そう…20代のときが一番ひどかったかな。

どちらが正しいか、勝負だ! みたいなヤツ。めんどくさいでしょ。

基本的な設計はなにも変わっていないので、今も私の本質は同じなのでしょう。

でも、自分のなかから湧いてくる「怒り」に対して、ある程度マネジメントできるようになってきたのは、意識するようになったから。

人は、怒りを覚えると不愉快になるものです。

そして、その不快感を与えた相手や、モノに対して怒りを転嫁するわけ。

そういう意味では、その相手やモノからみてみると理不尽であることも多いのです。

怒りは、それを「感じさせた相手やモノ」ではなく、「そう感じた自分」を見つめないとダメ。

相手が悪いと考えるのではなく、そう感じた自分の気持ちに目をむける。

よく言われることですが、他人をコントロールすることはできません。

でも、自分のことだったら、自分のなかで対処が可能です。

いい歳して、やたらと怒りんぼなオジサンやオバサンを見かけること、あると思います。

正当さを通り越して、クレーマーと化してしまったような方々…。

やはり、怒りをコントロールできない大人は「未成熟」なのです。

未成熟なまま老いていくと、そういう方の顔はイジワルな顔になっているものです。

私の偏見なのかもしれませんが、私は本当にそう思います。

中高齢者の方は、顔をみれば、その方のおおむねの性格がわかるもの。

おおらかなのか、神経質なのか。

自責なのか、他責なのか。

明るく気さくなのか、暗くめんどくせーヤツなのか…等々。



まあ…。

だいたい、腹をたててばかりじゃ、世の中つまんない。

子育ての場面や、部下指導の場面などを思い出しても、ね。

正直にいえば腹のたつことばかり。

それこそ「怒りのカーニバル&フェスティバル」です。

私はあるとき、子どもに対して怒ってばかりいる自分の「怒りの回数」に嫌気がさしたんです。

そこで試しに「週末に子供を叱るのは2回だけ」と自分にルールを課しました。

2回しか怒れないとなると「こんなことで怒ってちゃいられないな」と自制するようになったんです。

やがて、がみがみ言わなくなった私に対して、今までと少し違った反応を子供がみせるようになりました。

とても難しいし、徒労に終わることも多いとは思います。

それでも、相手を屈服させることにはムリがあり、自分が対応を変えるしかない。

その手法のひとつに、アンガーマネジメントを採用しては如何でしょう?

ただし、特アの中国や韓国は別です。

儒教文化の国にはアンガーマネジメントは通じないと思う。

基本的な価値観を共有できない以上、理解しあえるなんて考えは幻想にすぎない。

75年もかけた結果が今、どうなっているのか。

無理無理。





スポンサーサイト
THEME:自己啓発 | GENRE:ビジネス |

頑張っているヒト限定

昨日の夜から、台風5号の影響がでてきました。

今現在、雨はふっていないけれど、風が吹き始める前兆みたいな感じがします。

通勤時間帯を直撃・・・だったらイヤだなあ。

さて・・・。

よくありがちな表紙でしたが、紀伊国屋で何となく目にとまったのがこちら。

「がんばっても報われない 本当の理由」

なるほどね…。



このような本は、実際に頑張っているヒトにこそ読んでほしいものです。

たいして頑張ってもいないヒトが、自分本位に「俺は頑張ってるぜ」って感じだと…。

そういうヒトほど「こんなに頑張っているのに、報われない」ってぼやくのかしら。

この間、長男と少し話をしたとき、「東大や医学部を目指しているような奴らは、愚痴らない」なんて話をしました。

これ以上できない…というくらい頑張っているヒトは、愚痴っている余裕なんかない、と。

そもそも、愚痴る理由がない、と。

じつにわかりやすい話でした。

長男くんも、成長しているんだなあ…。

確かに、愚痴というものは貧乏神みたいなもので、表情みるだけである程度わかっちゃうものです。

「怒りをしずめる」方法として、笑顔をつくるというような方法にもあるとおり、カタチからはいることも大事だったりします。

えっと…。

話を戻します。

この本は「死ぬほど頑張っているヒト」を対象に、もっと力を抜いて、リラックスして!という趣旨のものです。

そうでない方が、これを読んで「そうか、適当でいいんだ」では意味がありません。

なんとなく…そんな気分でものごとを選択しないでください。

きちんと根拠なり理由を明確にするクセをつけていくことで、いずれ意識することなくできるようになります。

私はそのプロセスが「円熟化」なんだと思っています。

パワーは若者にはかなわないのに、全力ではなく7割くらいにセーブできる…。

それはムダなことをしないから。

ムダを省くには、本質を見抜くとか、要求の裏にある真意にまで気を配ることで、やり直しを省くとか、そういうスキルを使う。

円熟していない熟年は…魅力ないっす。



昨日から、夏の甲子園大会が開幕しました。

この舞台にたどりつくまでに、どの選手も、いいきれないくらいの努力を積み重ねてきたのだと思います。

そして、地方予選で敗退した各学校の選手たちも、同様の努力をしてきたことでしょう。

結果だけを求めると、最終的には「全国制覇」した学校のみが報われて、それ以外のすべての学校は報われないことになります。

ホント?

子どもの頃から、夏休みになると高校野球をやっていて、テレビやラジオで日常生活のなかで見聞きしてきました。

山形に帰省したとき、日大山形や東海大山形がボッコボコにされて悔しがっていたオトナたちを思い出します…。

神奈川では、毎年「全国最激戦区の神奈川予選~」というフレーズを覚えてしまい…。

千葉の拓大紅陵の「売春事件」にもありますが、努力した結果を、うまく活かせるヒトと、そうでないヒトがいるということ。

結果は、本人の考え方や姿勢で、なんとでも変わってしまうということなのでしょうね。



THEME:自己啓発 | GENRE:ビジネス |

No pain, no gain.

8月は、いろんなことを振り返り、自省しつつ秋に備える季節…。

堅い言い方をすると、私にとって8月とはそういう月。

良い悪いはともかく、8月はビジネスのスピードが世の中全体として少し低下します。

仕事に費やす時間もそう…。

家族と過ごす時間もそう…。

仕事でも家族でもない、自分だけの時間もそう…。

そして、今と未来だけでなく、過去からの連続性・関連性といったことも感じながら、いろんなことを考える…。

これ以上書くと、ちょっと恥ずかしいけれど、くそ暑い季節だからこそ、そんなことを考えたりします。

努力しても報われない?

とか…。

努力すれば必ず報われる…そんなわけないのに、そのように考えると損した気分になるのかしら。

報われたければ努力する。報われないかもしれないが…。

やれることをしたら、あとはもうどーでもいいじゃん! それくらい割り切って生きていけたらなあ。



仕事から逃げだしたいだけなのに、カッコつけた言葉でごまかしてない?

とか…。

ここは、割と自省するところが多いです。

モチベーションなるものは、ドッパドッパと沸くときもあるけれど、カラカラに枯渇するときもある。

ただ…逃げてしまうと、次に戻れないのよね。経験則からいっても。

逃げるくらいなら、たちどまって「やり過ごす」しかないのかも。

立ち止まったのだから、何を言われても、どんな目にあっても仕方ないと「開き直る」しかないのかな。



それとも、すべてをリセットしてしまい、いっそのこと移住しちゃおっか?

とか…。

とはいえ、無人島でなければ、どこに行っても、どこに住んでも、結局は人間関係があるわけで…。

場所や環境を変えても、自分が変わっていなければ、それは単なる「お引越し」にすぎないもんね。

根無し草は…私はイヤだなあ。

だいたい、次男くんは将来地域社会でお世話になることが想定されるので、むしろ地域に根差した活動が必要。



結局のところ、日々頑張って、楽しんで、反省して…。

そんな、当たり前の、ありきたりな日々を過ごすことしか、自分にはできません。

結論はいつも同じなのですが…。

そのプロセスを再確認する「時と場所」を持つことは、やっぱり大事だと思うのでした。



THEME:自己啓発 | GENRE:ビジネス |

怒り

7月も今日で最後。

中旬が最も暑く、梅雨明けからグズグズした日が続いていますが、それも夏の証かな。

明日から気持ちのうえでも本格的な「夏到来!」です。

そして、やはり夏には「夏休み」がないとね。

想いでは、冬より夏のほうが圧倒的に多いもの。

えっと…。

たびたび書いているところですが…。

20代のころ、私は怒りん坊でした。

何かっつーと腹を立てるのです。

そして、頭に血がのぼった状況で、おもうままに言葉を口にだし、その自分の言葉にまたキレていく…。



40代も半ばをすぎ、あんまり怒らなくなったなあ…。

などど「自分も成長したよな」的な感想を自分に抱いていたものの、やはり基本設計は変っていないようです。

中国や韓国、民進党や朝日新聞・テレビ朝日&TBSなどなど、激怒りはしょっちゅうですもの。

偏向した報道や、ひとりよがりな主張や無理筋のおしつけ等々…やっぱりムカついてしまいます。

ただ、応対の仕方は若かりし頃とは違うわけ。

どちらが悪いかを議論して「悪いのはお前だぁ!」って感じでやったところで、実際には何も解決しませんから。

そのときは気分爽快かもしれないけれど、それだけ。

職場にはいろんな人間がおります。

老いも若きも、正規も非正規も、男性も女性も(最近はLGBTという概念も出てきていますが…)。

そして、このヒトたちは別に「お友達」ではありません。

極論すれば仲良くなる必要なんて、ないんです。

でも、赤の他人という集団として働いていても、生産性は上がらないのです。

そこで、コミュニケーションを図り、よりよい人間関係を構築し、個々のモチベーションを高めることで生産性を向上させたい…。

ということになっていくのでしょう。

でも、問題はここでいう「コミュニケーション」やら「よりよい人間関係」というものの正体。

上位は下位に「自分の言うとおりに動いてもらいたい」ものです。

下位は上位に「自分を認めてもらいたい」と思う一方で、ナナメにみて「あんな管理職にはなりたくない」なんて言ったりもします。

実は多くの場合、自分と同じ立ち位置になんて、いやしない。

だから、気持ちを共有できることなんて、滅多にない。

それなのに、さも「共有」しているような錯覚をもってしまうから、いろいろと問題がおきるのかもしれません。



「人はこうしてくれるはず…」

とか

「なんでこんなことをする人なんだろう…」

などなど…。

ここでいう「人」は、しょせん「他人」であり、ほかのヒトなんです。

自分じゃない。

自分とは違うのです。

つまり、自分と同じように考えないし、自分の望む受け答えはしてくれないし、伝えていない「お願いごと」なんてつうじない。

「ない」のです。



怒り(いかり)は、「湧いてくる」と書きます。

湧き上がってくるものは、防げません。

ですから、湧き上がってきたモノに対して、「意識的に「どう対処する」のかが重要ということ。

無視してもダメだし、こんなことで怒るのはみっともないと理性で抑えようとするのは、むしろストレスが溜まる一方。

怒りが湧いて、ストレスが溜まる…。溜まるストレスに、さらにイラってくる…。

ドブだったら、いずれ汚水があふれ出して大変なことになっちゃいます。

水車をみていて、怒りの対処法が浮かんだときのことを思い出します。

流れてきた水を、水車のハコでいったん受け止めて、その力に委ねて水車は回りますよね。

くるんと周り、ハコの中にはいっている水は、うしろにそのまま流れていきます。

そして、クルクル回る水車の軸を利用して、石臼を動かしてみたり、動力に用いるわけです。

ここでいう「水」を、「怒り」に変換して考えると、実に面白いな、と思ったんです。

流れてくる水を受け止めて、それを「止める」ことはできません。

できるとしたら、超がつく力持ちでしょう。

でも、いずれ体力が尽きて流されてしまいます。

そもそも、そこで頑張る必要なんて、ないのにね。

そう…。

湧いてきた怒りは、無視することなくそのまま受け止めて、受け止めつつそのまま後ろに流してしまえばいい…。

これも極論すれば「他人に期待しないこと」です。

「期待しない」ので、何かしてもらえると「感謝」のココロが出てきます。

「期待する」から、そのとおりにならないと「不機嫌」になるんです。

世の中、自分勝手に不機嫌になる他人が、多すぎるのかもしれません。

通勤時の満員電車でケンカしている人たちなんて、典型的ではないでしょうか。

遭遇するとわかると思いますが、横でみていてしんどい。ウザいし、どっちもどっち。

どーでもいいから、あなたたち、次の駅で降りてって思いません?

私たちが抱く「怒り」なんてものは、はたからみるとそんなもんですよ。たぶん。

私自身、なかなかうまく実践できていないところではありますが、

一緒に働く人や、会社や組織、職場環境等々…これらに関係なくしっかり成果を出すヒトが自立したオトナ。

酒のんで会社や上司の愚痴をこぼすのは、他者依存の証でもあるわけ。

自立…したいものです。






THEME:自己啓発 | GENRE:ビジネス |

部下が育たない?

いわゆる自己啓発モノで、ここ最近読んだなかで一番良かったものをご紹介したいと思います。

その名も「部下が育たない」と悩む人の本 です。

読者は課長とかマネジャーといった中間管理職層を対象に書いてあります。



今現在、管理職として日々奮戦している方はもちろん、その手前に位置する「管理職候補」にもおススメしたい内容です。

ネタバレするのも何なので、詳細は書きませんけれど、実に参考になります。

「どうして私の部下は、こんなにダメなのか?」

正直にいうと、私も日々の仕事のなかでそう思うことはたくさんあります。

それこそ無数に…。

でも、それと同じか、それ以上に

「部長は何もわかっちゃいない」「課長はしょせん上ばかりみているヒラメ」なんて部下からは言われていたりもする。

ひとつの視点、立場でモノを見たり、考えてみても、それだけでは決して解決することはできません。

そういうことがよくわかるといいますか、管理職として「手を抜ける」コツのようなところがつかめるかもしれません。

みんな、他人のことは悪しざまにいうけれど、自分には甘い…というか、大好き!というヒトが多いもの。

わたしも気をつけましょう。

「言ってることと、やっていることが違う」とか「民進党のヒトタチみたいですね」なんて、言われたくないもんね。





THEME:自己啓発 | GENRE:ビジネス |
PR
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
35位
アクセスランキングを見る>>
マネジメント
ブロとも申請フォーム
フェイクニュース
距離をおこう