プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

海辺暮らし
家庭菜園
出会い
食べる

社会保障カード

厚生労働省を分割する・しないといった話が唐突にでてきました。
しかも、とてもドタバタしています。

社会保険庁のドタバタでさえ片付いていないのに、何やってるんだろう?
「新型インフルエンザの水際対策はパフォーマンス」と現役の検疫官に指摘された厚生労働大臣も何やってるんだろう?
年金の名寄せはどうなった?
民主党に「消えた年金」なんて、いつまで言われるつもりなんだ?

で、本日のお題は「社会保障カード」です。

何それ?という方も多いと思います。

実は、さかのぼること平成19年7月。
政府・与党の合意により、平成23年度より、国民一人一枚発行することが予定されているカードで、年金手帳・健康保険証・介護保険証を兼ねる、とされているものです。

個人情報の取扱いという観点から、ICカードを想定した検討がスタートしました。

ですが、具体的な議論には至っていないみたいです。
総選挙等々を目前にしているからか、官僚の皆さんは前に進めようとはしないみたい。

簡単に分類してしまうと、年金は国、健康保険は国・都道府県・共済組合・健康保険組合、介護保険は市区町村、まあ、保険証を発行したり、事務手続きを行う主体はだいたいこんな感じです。
健康保険組合だけでも約1,500あります。
法律も違えば、管理方法も違うわけです。

これを、どう統合していくのか。
興味をもってながめていましたが、最近、ハラがたってきました。

このあいだの定額給付金もそうですが、その仕事に携わる人たちの人件費などを、職業柄、つい試算してしまったりします。
で、多額の国債を発行している状況のなかで何やってんだ?・・・。と。
プライマリーバランスに関する公約はムリ?って、おいおい。

かつて、雇用保険のお金で建築した大掛かりな宿泊施設が、とあるところにありました。
今は、外資系のホテルチェーンの名称がついています。
数十億円で建築した施設の売却費用が○○万円って・・・・。

厚生労働省を分割する云々ではなくて、郵政みたいにいっそ株式会社にしてしまったほうが国民のためになるんじゃないか。
厚生労働省の職員ばかりが悪いわけじゃないんでしょうが、官僚バッシングだけじゃよい行政にならないとも思いはするものの・・・。
スポンサーサイト
THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

クスリのネット購入

6月1日から、インターネットで購入できるクスリがごく一部に限られることになりました。

先日、公布された「薬事法施行規則等の一部を改正する省令」により、インターネット販売を含む医薬品の通信販売については、リスクの低い医薬品を除いて販売禁止となったからです。

楽天などネット等の通信販売業者さんは署名を募ったりしてこの法律改正に反対してきました。
病院や薬局などが遠くにあるなど、過疎化に悩んでいる村長さんなども、法律改正に反対してきました。ネットで購入できるほうが確かに「楽ちん」ですよね。
よく購入するクスリなら、買う都度のアドバイスなんて要らないし。

でも、結局はこのような意見を押し切る形で実施されることになります。

まず、市販のおクスリ(一般医薬品といいます)は、以下の3つに分類されます。

特にリスクの高い「第1類」
リスクが比較的高い「第2類」
リスクが比較的低い「第3類」 です。

通信販売に関しては、「第3類」薬品以外の医薬品の販売が禁止されることになります。

その結果、
現在はインターネットでの購入が可能な一般医薬品のうち7割近くが購入できなくなるんですね。具体的に、購入できなくなるおクスリをいくつか挙げますと・・・。

「ガスター10」などのH2ブロッカー含有薬や「リアップ」などの発毛薬、「ウィンダム」などの水虫薬や「ルル」などの風邪薬、「コーラック」などの便秘薬や「ボラギノールA」などの痔薬・・・。

こんな感じ。印象としては、ほとんど購入できなくなると思ってよさそうです。

じゃあいったい何が買えるんだ?ってところですが、
ビタミン類が含まれている保健薬とか整腸薬とかくらい・・・。

おクスリの専門家である薬剤師さんとか、新資格の登録販売者、こういうヒトからアドバイスを受けておクスリを購入しなさい(売りなさい)という趣旨だそうです。

町の小さな薬局とかでは、確かにお店のヒトがいろいろ説明してくれますが、ドラッグストアでそんなシーンはあまり見かけませんけどねえ。

ネットなどの通信販売業者さんが発掘・展開してきた市場が、山田電器とかコンビニなどの大流通に移るだけのような気がしてなりません。
誤解を恐れずに言うと、
パソコンをおクスリにみたてて、販売店員さんを登録販売者と仮定すると結構しっくりきます。
専門用語を使った商品説明という意味でも、専門知識がないと売れないという意味でも、付加価値商品という意味でも、ピッタリな感じがします。
そして、薬剤師さんより低い報酬で雇えるであろう登録販売者という新資格の存在も、異業種からの参入という壁を低くしてくれるように思われます。

規制行政は、どうしても世の中を後追いする形にならざるを得ないんだと、思います。
不都合が生じるから規制するのでしょうし、そこは理解できます。
でも、世の中が必要としていることは、規制されても違う形で残るものです。
そういう意味でも行政には「センスのある管理」をお願いしたいものですね。

【たった5分で】シミ・たるみのない小顔に!?
THEME:健康生活:病気・治療法 | GENRE:ヘルス・ダイエット |

簿記のお勉強01

昨日、仕事を休んだので今日はいろいろとたまったお仕事を一気にお片づけ。

今朝、ようやく工業簿記のテキストを終えることができました。
(夜は時間がとれないのがわかっていたので、今朝は4時起きで勉強、7時出社)

簿記2級に合格された方、勉強されている方にはご承知のとおり、テキスト読んだだけじゃあ、試験問題は解けないわけです。問題やらないと・・・。でも、まだテキスト読み。

今日のお勉強は「直接原価計算」でした。

変動費部分のみを製品原価として集計する!?
文章だと意味がよくわかんないわけです。
読むと、わかったような気分になりますが、例題見るとフリーズしますね。シャープな頭がほしい。

仕方ないので、自分なりにまとめてみました。

生産方式の違いで、「個別原価計算」と「総合原価計算」のふたつがあり、原価に「実際の原価」を用いれば「実際原価計算」で、原価標準を用いれば「標準原価計算」。

直接原価計算は原価に変動製造原価のみを用いた原価計算で、売上高と原価の関係が比例的になるため、利益計画に役立てることができる・・・。
でも、損益を計算するという意味では法令では認められていないので、従来の全部原価計算で計算した営業利益に修正する必要がある。固定費を製品原価に含めず期間費用にしているから(か?)
この修正を固定費調整といい、棚卸資産に含まれる固定費額を加減算します。
端的にいうと、期首分の固定費は減算、期末分は加算。

なんか、書いててややこしくなってきました。
とにかく過去問題なりをこなして手で覚えていかないと厳しいですね。

伝票とか特殊仕訳帳なども、正直よくわからない。
「基本をおさえれば容易に解けるので得点源にしましょう」
なんて書いてありますが・・・。
だったら問題も容易にしてくれ、とつぶやいてみるも。
今、めどがたちつつあるのが第1問と第3問。
第2問は嫌いなのではかどらない。
第4問・5問はこれから、です。

・・・。6月14日まで、あと3週間をきりました。
THEME:資格 | GENRE:ビジネス |

甲状腺の腫瘍検査

本日、仕事を休んで甲状腺の検査に行ってきました。
東京は表参道にある「伊藤病院」という甲状腺の専門病院です。

きっかけは3年前。
人間ドックのヘリカルCTで「甲状腺腫瘍の疑い」と言われました。

最初はもう・・・。ビビりましたね。子どもと妻のこと。いろいろ・・・。
保険証書を整理したり、遺族年金を試算してみたり・・・。

「腫瘍」という言葉のインパクトは、実際に受けてみないとわからないでしょうね。

正直、仕事はどうでもよかったですね。
あれで自分のなかの優先順位がはっきりしました。

その後、「がん」ではないらしいとなったときは、本当にホッとしたものです。

ということで、伊藤病院(甲状腺の患者さんだけで1日に何百人もきています)で検査を受け、以降、1年に1回検査を受けるようになって3年目というわけです。

朝8時に病院で受付です。
すでに74番目です(疾患の性格上、患者さんのほとんどは女性です)。
どうでもいい話ですが、病院の隣にあったマックがなくなっていて残念でした(時間つぶす場所が・・・)。

過去2回は検査後の診察で「特段変化もないし、1年に1回検査を受けておけば大丈夫ですね」といわれて終わりだったのですが、今回は、後日、細胞診をすることになりました(超音波をあてながら、ノドに細い針を入れて、甲状腺の腫瘍からほんのちょっと細胞を取り、培養してがん組織があるかどうかを見る検査)。

ドクターには「細胞診をやる・やらない、どちらでもいいと思いますが、どうします?1度やってみますか?」と言われ・・・。

そう言われると、やはり万一を考えてしまいます。「面倒だから結構です」なんてとても言えない。
で、7月に細胞診検査の予約を入れました。

甲状腺に関しては初診のときに結構調べましたので、仮に今、がん組織が見つかったとしても、よっぽどのことがない限り死にはしないだろうと思っています。腫瘍が見つかって3年たってるし。
ですが、そんなこといってもイザ言われたらビビるしショックだと思います。

「毎日、やり残していることだらけだよなあ」と改めて感じた昼下がりでした。
新版 甲状腺の病気 (よくわかる最新医学)新版 甲状腺の病気 (よくわかる最新医学)
(2007/05)
伊藤 公一

商品詳細を見る
THEME:健康生活:病気・治療法 | GENRE:ヘルス・ダイエット |

確定拠出年金その2

明日は子どもの運動会です。
天気は何とかなりそうで何よりです。

さて、DC導入において採用される運用商品は平均で15本くらい、うち投資信託などが7割と、厚労省の統計数値にありました。

元本確保型(定期預金とか損害保険など)は除きますが、運用商品の選択基準のひとつに、運用コストがありますね。

DCでは、販売手数料は通常かかりませんが、信託報酬といったコストがあります。
運用商品リストの説明文書に「信託報酬●%」といった表示があるはずです。

信託報酬・・・。
投資信託を管理している先(運用委託先)の業務に対してかかるコストとして、信託財産からひかれるものです。
一般的には、パッシブ型(市場並みのリターンを狙う)よりアクティブ型(市場平均以上のリターンを目指す)のほうが信託報酬率は高い場合が多いです。

運用に手間をかけているということですが、手間をかければ儲かるかというと、イコールではないわけですね。

リターンからコスト(簡略化すると運用率から信託報酬率)を差し引いた実質的な運用成果できちんとみなければいけません。

アクティブ運用の半分以上はパッシブ以下という数字もあったりします。

どの商品にどのようなコストが、実際にいくらかかるのかを把握すること。
信託報酬率だけで商品比較はしない。リターン(運用率)だけでもみないこと。

DC導入企業の規約設計上の想定利回り(労使が年金制度を設計する際に用いる基準の利回り)は平均で2.26%だそうです。

一方、個々人の目標利回りとは、ライフプランのうえでは、退職時に必要なセカンドライフの資金を準備するために必要な指標を意味します。
私も商品運用していますが、長い目でみて5%はほしいですね。

・・・民法の規定にある「法定の利率」は5%なんです。知ってました?かつての貸し借りでは5%が普通だったんですから、今の利率は異常なんですよね。・・・

いずれまたどこかで詳しく書きたいと思いますが、基本的なスタンスとして以下のような流れで検討されることをおすすめします。

・まずライフプランをたてること
・目標額とそれを達成するための自分の目標利回りを設定すること
・目標利回りを達成するためのアセットアロケーション(商品選択)の決定
・ポートフォリオ(投資割合)の決定
・アセットアロケーション、ポートフォリオのリバランス

最後に余談です・・・。

6月14日に簿記検定2級を受検します。
現在、TACの「日商簿記2級問題演習」で勉強中です。
今晩もいまから始めるのですが、立ち上げが遅かったのと、結構仕事があったりして、なかなか進みません。試験日までに終わるのだろうか・・・。
最後の1週間はフォーサイトの過去問題集が頼みです。
(3級はこれらの3級版で96点取れたんですけど、2級にも通用するか?)
THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

新型インフルとお給料

兵庫・大阪から広がっている新型インフルエンザの国内感染等により、日本は世界で4番目の感染国になりましたね。

神戸の方々はお祭りが中止になったり、いろいろと大変のようです。
いきなり、近所のお話になったわけですからね。
本当にアッという間ですね。

さて、企業の側においても営業の一部停止や出張の自粛、マスク着用の義務付等の対応が始まっています。強毒性を想定した行動マニュアルに対し、「通常のインフルエンザ並みの毒性」といわれている今回の新型インフル。実態とマニュアルとの差異がでてきています。
柔軟に対応いただきたいものですね。

ところで、会社が社員に対し、新型インフルエンザに関連して自宅待機を命じたとき、お給料はどのようになると思います?

ということで、新型インフルエンザに罹患した、あるいは罹患した可能性が高い社員を自宅待機させた場合のお給料(勤怠)について考えてみたいと思います。

今回の新型インフルエンザを理由として従業員を自宅待機をさせる場合を、
 ①罹患した場合
 ②罹患が濃厚で医療機関を受診するために休業する場合
 ③罹患が疑わしく会社の判断で休業させる場合
の3つにわけてみましょう。

労働基準法第26条では、
「使用者の責に帰すべき事由によって従業員を休業させる場合には、平均賃金の6割以上の休業手当を支払わなければならない」と定めています。

ここでいう「使用者の責に帰すべき事由」に該当するものとしては、③の「罹患が疑わしく会社の判断で休業させる場合」くらいでしょうか。

①の「罹患した場合」

②の「罹患が濃厚で医療機関を受診するために休業する場合」
といった事情においては、
会社は休業手当を支給すべき法的義務は生じないものと思われます。

①は私傷病でお休み、②は通院でお休みでしょうから、通常は年次有給休暇の充当でしょう。
③は、本人は働けるのに、会社が「出社するな」といっているから補償が必要なんですね。

[ご注意]
SARS(重症性呼吸器症候群)のときの事例(愛知労働局から厚生労働省への照会)を参考にしていますが、あくまでも個人的な見解です。

もちろん、会社によっては、
①②③とも特別休暇として給料を全額保障したりする場合もあります。

社員の側においては、
法的な権利と勤め先の対応をただしく理解されることが大切でしょうね。
法律以上に社員を大事にしていたりして、
「案外、良い会社じゃないか」と勤め先を見直した、なんてことがあればいいですね。

最後に、少々不謹慎な言い方をします。

今回、弱毒性とはいえ新型インフルエンザなわけです。本当に大騒ぎです。
最初のころなど、厚労大臣が大騒ぎしたり、医療機関が受診拒否したケースなどありましたよね。
国や企業の行動計画が机上の空論になっているところもあったように思います。

強毒性の「鳥」の前に、弱毒性の「豚」がやってきました。
そして、現実に「経験を得ることができた」という前向きな考え方をしてもよいかと。
もちろん、「豚」だって、いつまでも「弱」のままではないかもしれません。

本番という場面でトレーニングできたということは「ついている」わけですよね。
このことを、国も会社も個人も、強みにしたいものです。

購入情報:抗ウイルスマスク 大人用と子供用

抗ウイルスマスク 普通3枚抗ウイルスマスク 普通3枚
(2005/11/28)
不明

商品詳細を見る


抗ウイルスマスク 小さめ3枚抗ウイルスマスク 小さめ3枚
(2005/11/28)
不明

商品詳細を見る
THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

確定拠出年金その1

以前も書きましたが、確定拠出年金(以下DC)に関して、社員に対する企業の投資教育はほとんどなされていないように感じています。
そのようなこともあってか、「元本保証」型の商品を選択し、結果的に従来の適年よりレートが低下している、しかもそのことに気付いていない。
そんな方は多そうです。

ということで、DC加入者むけに簡単な説明をしてみたいと思います。
今回は「その1」になります。

いきなりですが、退職・転職時の手続きについて確認してみましょう。

60歳までに退職・転職した場合にDCの運用を継続する場合は、他のDCへの資産移換が必要になります。

資格喪失日(退職日の翌日)の翌月から6か月以内に手続きを行わないといけません。

これ、知っていましたか?
投資教育できちんと説明がされていないのか、本人が聞いていないのか、手続きをしないと、年金資産は自動的に国民年金基金連合会というところに移されることになります(本人はたぶん認識していない)。

これ、資産の保管場所が変わるという単純なお話ではありません。

このような自動移換の場合、移換時に手数料が引かれます。
以降の運用は制限されます。資産に利息はつきません。
毎月50円の管理手数料が60歳まで取られ続けます・・・。

要は運用されずに元本だけ確実に減っていく。そんな感じになるわけです。

この時点で気付いて、自分で運用しようと個人型DCに戻そうとすると、また手数料がとられます。

こういう方、多いようです。
厚生労働省の統計では「自動移換は正規の個人型加入者より多く、10万人を超えた」そうです。

年金の仕組みって、なんでこんなに不親切なんだろう・・・。
と思いつつ「その2」に続く・・・。
THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

お父さん"も"子育て

若いお父さんに是非読んでいただきたい本を紹介いたします。
奥さまであれば、是非、旦那さんに読ませてみては如何でしょうか?

今の時代、子どもを持つお父さんたちは、家族の生活のために一生懸命です。
職場でいろんな目に遭いながらも負けずに頑張っていたりします。

仕事一筋、仕事最優先という方もいらっしゃいますし(実際、いないと世の中成り立ちません)、ワークライフバランスで見られるように、仕事と家庭の調和を優先されたい方も増えているようです。

でも、本人が家庭と仕事のバランスを考えたいと思っていても、奥さまにお願いされたとしても、上司の世代は価値観が違ったりするわけです。

大きなお世話のように、異なる価値観を一方的に押し付けてきたりするヒトもいるわけです。
そんな価値観が評価尺度になっていると、それはもう大変です。

さて、実際、家庭に父親の姿がないというのはどうなんでしょうか?
私の場合、父親は船乗りでしたので、父親は家にいないのが日常の暮らしでした。
1年のうち1カ月くらい家にいて、あとはまた1年くらいいない。
そんな家庭でした。

私の友人にも、子どもの頃の父親は家にいなかった。しゃべった記憶がない。
こういう話もチラホラ聞きます。

でも、そんなんでいいんでしょうか?

当時は理解できませんでしたが、
そのころ、父親にとって、家のなかに居場所はなかったんだろうな、と思います。
ですので、私は単身赴任は絶対にイヤだし、出来そうにありません。
(幸い、今は転勤のない仕事になりました)

奥さまむけの育児書は本屋さんにたくさん並んでいます。
雑誌にもそう、「子育てハッピーアドバイス」といった良書も、たくさんあります。

でも、お父さん向けの育児書ってあまりないです。
あっても、実は奥さんに向けた内容だったりします。
奥さんが読んで「こんな夫だったらいいなあ」というモデルが描かれているヤツ。

子どもにとって、そして、奥さんにとって「お父さん・夫の役割」ってなんでしょうね。

子供が大きくなる前に、奥さんが育児で疲れきってしまう前に、
少し、ゆっくり考えてみる時間を作ってみませんか?

別にたいしたことではないです。読書に1日使ってみるだけです。

奥さまの立場の方であれば、黙ってこの本をダンナさんに渡してみませんか?

男って、理論で入るタイプが多いものです。
本人に読ませたほうがてっとり早い、そんなふうに思います。

「こどもの心のコーチング」なんて、ビジネス書をよく読む会社員向けにつけられたネーミングみたいですね。ただ、ビジネス書の類のように難しく考えるのはやめて、軽い気持ちでご一読を。

お父さんのための 子どもの心のコーチングお父さんのための 子どもの心のコーチング
(2009/02/24)
菅原 裕子

商品詳細を見る



THEME:子育て | GENRE:育児 |

タバコお休み中

最近、思うところがあって、タバコをお休みしています。
「禁煙」ではなく「おやすみ」です。

さかのぼること、平成21年2月28日。
出張の帰り道に突然「タバコ吸うの、休んだらどうなるんだろ。禁断症状ってどうなんだろ」と思い、以降、本日に至っています。
とりあえず、タスポを作らなくてよかった、といった感じです。

この間、全く吸っていないわけではありません。
ちょくちょく入る飲み会で、「もらいタバコ」をすることが、たまにあります。
約3ヶ月の間で、合計10本は吸っていると思います。でも、それくらいで済んでいます。
吸ったからといって、以前に戻るわけでもないです(2月までは1日1箱のペースでした)。

禁煙という姿勢の場合、「途中で吸ってしまったので終了だぁ」みたいになりそうです。
禁煙マニュアルとか読むと「もらいタバコをしないために宴会と喫煙者には近寄るな」なんて記載もみかけます。
でも、それじゃあ、つまらないわけです。
会社って「本当の会議は喫煙所で行われている」ことが多いですし、飲み会は大好きですから。
まあ、その結果が10本といったところでしょうか。

何か、不思議なんですけど、吸いたくなったら元に戻ればいいや、といういい加減に考えて始めてみたのに、たいした禁断症状も出ないんですよね。イライラ感とかは特にないです。あるのは仕事上の関係ですね(ハハ)。
ひとつだけ禁断症状をあげると「夜遅くになると眠くなる」ですが、まあ、眠くなったら寝ればいいわけで・・・。仕事や自己啓発の最中に、眠いけどやっておきたい、なんて時は歯を磨きます。
これ、効果的です。歯磨きが目的ではないので、力を入れずにそっと歯ぐきをなでるようにやります。
歯周病予防にも効果的なので、ある意味一石二鳥。

「ふだんの生活に、タバコはいらないみたい」
という気分が普通にでてきて、目覚めの一服とか食後の一服といった習慣は、いつの間にかなくなってしまいました。

さて、ちょっとマジメな話題です。
COPDという疾患概念をご存知でしょうか?

「慢性閉塞性肺疾患」という、肺の生活習慣病です。
「タバコ=肺がん」という狭い話ではなく、もっと大きな概念になります。

タバコをやめる気のあるヒトもないヒトも、是非、基本的な知識として持っておいたほうがいいですよ。
本屋さんで「COPD」とデカく表示されている本がそれです。


あと、こんな本もあります。半年くらい前に、タバコを吸いながらカフェで一気読みしました。
思えば、これもきっかけのひとつだったかもしれません。
禁煙セラピー らくらく成功日誌365 (〈ムック〉の本)禁煙セラピー らくらく成功日誌365 (〈ムック〉の本)
(2006/06)
アレン カー

商品詳細を見る

リアルな話、毎月のタバコ代・・・。結構バカにならないということを、最近理解しました。
使わなくなったお金で本を読む。日本酒を飲む・・・。
そういうところにまわしてもまだ少し残るので、最近はご飯にファンケルの発芽米を入れるようになりました。歯応えがあって結構イケますな。
THEME:健康生活:病気・治療法 | GENRE:ヘルス・ダイエット |

老人ホームを知ってみよう

今回は「老人ホーム」について考えてみたいと思います。

普通、老人ホームというと「お亡くなりになるまで住む最後の住居」と思うのではないでしょうか。
老人ホームにはいくつか区分があるのですが、今回は主な2種類について説明したいと思います。

私たちが普通に思いうかべる老人ホームは「特別養護老人ホーム」というものです。
社会福祉法人とか市町村が主に運営し、入所には「介護認定」が必要です。
費用は月額で10万~15万ほどと安いので入所希望が多いです。
入所待ちは全国で40万人くらいいるんだそうです。

次に想定されるのが「有料老人ホーム」です。
これには、いろんな分野の事業者が参入し、多種多様の介護サービスが提供されています。

実は、私も最近まで勘違いしていたのですが、この「有料老人ホーム」は介護保険上はあくまでも「在宅」扱いです。
簡単にいうと「介護スタッフが常駐している賃貸マンションに暮らしている」という感じでしょうか。
ですので、入居の大前提は「病院での継続的な治療・入院を必要としない」なんです。
病院やクリニックとの医療連携を有する施設が大部分なんですが、基本は外来での受診扱いなんです。

「有料老人ホーム」の注意点は「入院・治療が必要となった場合にはホームを退居しなければならない」場合があるということです。ここは、必ず事前確認が必要です。

多くの有料老人ホームは、入居時の「入居一時金」と月払いの「利用料」が必要です。
施設等によって大きく異なりますが「入居一時金」は数百万から数千万円・・・。
考え方としては「終身利用権料」です。

最近は、入所時の負担を軽減するため、一時金を低く、またはゼロにしておいて、
その分は月払い利用料に分割上乗せする、というケースも増えています。

最初は安く感じるかもしれませんが「長く、薄く」という負担ですので、
10年近く入居する場合では、一時金を支払ったほうが安くなるケースが多いようです。

「特別擁護老人ホーム」は介護認定を受けているので、大きな違いはあまりないようですが、
「有料老人ホーム」については、費用的だけでなく施設の内容も大事です。
施設により結構違います。

ですので事前に見学するだけでなく、体験入居をお薦めします。
介護をする家族(将来の自分?)が資料集めをし、見学もしておく。
要介護者本人(将来の親?)にも見学、体験入居をさせたいところ。

最後に、ある意味これが一番重要だと思うのが「ターミナルケア(看取り)」です。
その施設と医療機関との連携、最期を迎える看取りをしてくれるかどうか、
ここはきっちりと確認しておくべきですね。

個人的には、親の将来をイメージしながら、現実味の薄いうちに情報を収集しておき、
いざとなったらすぐに動けるようにしておきたい。
良い施設であれば、親の次は自分でしょうから。

実は、かつては老人ホームに良いイメージを持っていなかったんです。
おもいっきり「うば捨て山」のようなイメージで見ていました。
ですが、家庭での老人介護には限界があります。
下手すると家庭崩壊を招きそうです。
しかも費用面においても、老人ホームへの入居と比べて必ずしも安くはないんです。

ファイナンシャルプランニング。
家のローンを組むとき、生命保険の見直し、投資信託や企業年金での商品選定、等々が良く聞く分野ですが、家族や自分の「老い」をどう考えるか、という意味でのエンディングプランをたててみては如何でしょうか。

昨今のリスクマネジメントと基本は同じ。
計画は余裕のあるとき、発生していないときに、ですね。

有料老人ホーム・シニア住宅検索サイト



THEME:楽しく生きる | GENRE:ライフ |

会社を利用する考え方

将来がよくみえない時代・・・ということで過熱した資格人気・・・。

もちろん、マスコミや資格予備校に踊らされることなく、きちんとした目標をもって自己啓発に取り組んでいる方々もたくさんいらっしゃいます。

将来の独立を前提に、一生懸命「資格」取得を目指している方々のお話をきくと、たまに?と感じることがあります。

将来独立する、開業する。それはそれで結構です。私も考えているところがあります。
ただ、忘れがちなのが「会社にいる間に何を学ぶか。身につけるか」ということです。

当たり前ですね。本当に当たり前です。
でも、「こんな会社で働いていたって何も得られない」とか「傍流の業務を担う部署ですからねえ」といった視点で自身が勤めている会社や仕事を大事にしていない方がなんと多いことか。
私自身、以前はそう思っていましたので、実は偉そうなこと言えないんですけど。

「こんな会社」でも、看板にはなります。
「傍流の業務」でも、競争が厳しくないという意味ではある意味自由度がききます。
過当競争で擦り切れたりすることもないし。

会社勤めでないと経験できないことは目一杯トライし、享受し、それを積み重ねていきながら、自己啓発とあわせて独立への準備をしていけばいいのではないかなと。

国家資格がないとそもそも開業できない分野であれば資格取得は必須ですが、でも、それだけでは、全員有資格者の世界ですから、開業しても厳しいです(これは以前お話しましたね)。
資格がなければダメ。でも資格だけでもダメ。 そういう意味で、大変です。

私の親友の一人は今の職場を「腰掛けにすぎない」といいます。
別に手を抜いているわけではなく、実際にその会社ではその分野の第一人者です。
将来やりたいことがあるので、会社勤めは期限付きみたいなものなんだそうです。

一定期間やおおまかな年代に区切ったライフプランをたててみませんか?

そして、開業しようと定年まで勤めようと、雇われの間に何を身につけるべきなのか改めて考えてみませんか。
本当に必要なのは何か。優先すべきものとは。逆算してスケジューリングすべきことは・・・。
知識なのか、実務経験なのか、社外の人脈なのか、コミュニケーションスキルなのか・・・。

ライフプランを作ると明確になってきます。
そして、これがビジネスプランに転化するとき、独立開業が具体的にイメージされてくると思います。
あっ。家族とのかかわりといったプライベートを入れるのを忘れないでくださいね。
ある意味、これが一番大事。

「自分自身におこる様々な出来事は、すべて自分のため」
と、自分に都合のよいように受けとめて前向きに取り組める方って気持ちよくないですか?
特に伸びしろの大きい20代から30代中ばくらいの方にはお薦めする考え方です。

理想的には、自分の人生のために今の会社をいかにうまく活用できるか。

年休消化率100%を目指してもよいでしょう。
男性でも育児休業を取得して、その経験を本に出している方もいますよね。

何だかんだいっても、仕事は生活の大部分を占めます。
ですから、仕事が楽しくないということは、人生も楽しくないでしょう。

仕事自体はたぶん、楽しいものではないかもしれない。
だから「楽しむ」気持ちが必要なんでしょうね。


THEME:独立・開業 | GENRE:ビジネス |

加山雄三?

ゴールデンウィーク。

雇われ人にとっては、とても幸せな時期なのですが、
今年は新型インフルエンザ対策のために、リスクマネジメント担当など、連日ご出勤という人も見受けました。お疲れ様です。

さて、この新型インフルエンザ。
厚生労働省と横浜市がトラブっていたように、イザというときは情報が錯綜するのでしょう。
連絡がつかないだけで大騒ぎなのですから。

いずれ、感染患者は必ずでてきます。
今回、感染が疑われた高校生の周辺では、「通勤経路」だとか周囲が大騒ぎしたようです。
1号患者がでてきたとき、1週間くらいは世の中全体で過剰反応するんでしょう。

でも、少ししたら、マスクを付けている以外は日常の風景といった感になると思っています。
あの報道騒ぎから数日しかたっていないのに、行楽地はヒトでごった返していますから。

怖いのは、今回の豚インフルエンザより鳥インフルエンザが新型に変異した時でしょうね。
自身の備えと家族間の連絡体制を今一度確認することが、個々人にとって今できることなのかな、と思います。
我が家では、新型インフル&東海地震対策の各種グッズは自宅と職場、クルマにそれぞれ備えています。できることはサクッとやっておきましょう。

さて、話題転換。

ゴールデンウィークでは、2日ほど、子供と海釣りに行ってきました。
神奈川県三浦市のシーボニアというヨットハーバー横の岸壁で、いわゆる「ちょい釣り」です。
ハゼとかシロギスとかコチなどです。
そこそこ釣れた(釣ったのはほとんど長男)のでテンプラにして食べました。おいしかったです。

こんな場所です。リゾート気分だけ分けてもらいました。
→ 油壺シーボニア

釣りをしながら
「景気はこんなによくないのに、よくもまあ、これだけお金持ちがいるもんだなあ」
とヨットやクルーザーを眺めていました。
と・・・。湾内に一隻の大型クルーザーが停泊しています。船体には「光進丸」と・・・。

知ってるヒトは知っている、永遠の若大将の加山雄三氏所有の船じゃないですか!
(親の世代の話ですけどね。私が知っている加山雄三は、いわゆるおデブさんです)

1年前に、仕事の関係で下田~堂ヶ島にでかけた際に、加山雄三ミュージアムに入りました。
そこで見た模型のホンモノですから、結構ビックリです。確か建造費は5億・・・。

行き交うクルーザーさんやヨットさんたちが近くに寄せて声をかけています。
すると、デッキに家族らしい方々がでてきて、何かしゃべっています。
なんか、お金持ちの世界。すげー。

子供に
「あの船見てみ。お金もちってすごいね」
といったところ
「お金がたくさんあると、減るのがいやになってケチになるぞ」
と言い返されてしまいました。

小学2年生のくせに、いい感じに育ってくれてんじゃん、なんて親バカな気分になりました。

自分でも可能性があるのは、小型船舶の免許をとって、遊漁船を購入することくらいかな。
500万円くらいあれば何とかなるか。

まあ、加山雄三にはなれないけれど、こんな感じで子供と過ごせるなら充分か。
でも、あと何年かなあ・・・。子供も「旬」は短いようで・・・。


THEME:楽しく生きる | GENRE:ライフ |
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
38位
アクセスランキングを見る>>
マネジメント
ブロとも申請フォーム
遊び
DIY
呑み