プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

海辺暮らし
家庭菜園
出会い
食べる

ビブリア古書堂の事件手帖

しばしば耳にしていたものですが、なんとなく敬遠しておりました。

それがこの本。

ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)
(2011/03/25)
三上 延

商品詳細を見る


それでも、なんというか…。

表紙の主人公を見たら、キレイだったので、思わず購入した次第。

ふ~ん。

鎌倉が舞台なんですね。

正確にいうと、北鎌倉駅か。

不思議な感じの本です。

売れているのがわかるような気がしました。

先日テレビ放映されていたようですけれど、月9ドラマの最低視聴率を更新した…とか出ていた気がします。

最近、テレビドラマは視聴率がとれないみたいですね。

「とんび」くらいとか…。

原作はいいのですけれどねえ。

私もテレビはあまり見ないので、何ですけれど…。

さてさて、鎌倉という地域は、やはり絵になる場所ですね。

住みたいなあ…。





スポンサーサイト
THEME:読んだ本の紹介 | GENRE:本・雑誌 |

COMMENT

こんにちは。同じ本の感想記事を
トラックバックさせていただきました。
この記事にトラックバックいただけたらうれしいです。
お気軽にどうぞ。

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

「ビブリア古書堂の事件手帖―栞子さんと奇妙な客人たち (メディアワークス文庫)」三上延

鎌倉の片隅でひっそりと営業をしている古本屋。 そこの店主は古本屋のイメージに合わない若くきれいな女性だ。 残念なのは、初対面の人間とは口もきけない人見知り。 接客業を営む者として心配になる女性だった。だが、古書の知識は並大低ではない。 人に対してと真逆に、本には人一倍の情熱を燃やす彼女のもとには、 いわくつきの古書が持ち込まれることも、 彼女は古書にまつわる謎と秘密を、まるで見て...
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
38位
アクセスランキングを見る>>
マネジメント
ブロとも申請フォーム
遊び
DIY
呑み