プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

海辺暮らし
庭・菜園
出会い
食べる

怖かった思い出


廃村・・・。

なんとなく漢字からしてくら~い印象、ありませんか?

実際、そんな感じ。



父親の実家(今は誰も住んでいないけれど)がある山形県鶴岡市の湯の浜温泉近く。

実家は山の途中にあるのですけれど、そこから上にはかつて家が数件ありました。

私が子どもの頃は、まだ廃屋が残っていて、椅子とか机、雑誌などが散乱していました。

かつて居間だったらしい場所の窓枠に座ると、目の前に日本海が拡がり、それは気持ちのよい風景がありました。

昼間はね。

その数件の廃屋からさらに上に登っていくと、行き止まりにお墓があるんです。

昼間でも、一人でいくにはちょっとためらうようなところ・・・。

ですので、廃村ともなると、その怖さといったら尋常ではありません。

私、大学時代にバイクで全国を走り回っていたのですけれど、何度か廃村に泊まったことがありました。

旅なれしてくると、普通の旅では満足できなくなるんですよね。

鉄道マニアが、秘境駅とか、廃線をターゲットにするような感じなのかもしれません。

廃村に泊まるというのが、これまた実に怖いのです。

どこの地域にも、いわゆる心霊スポットなるものがあると思います。

こんな(↓)番組を見たことある人は多いでしょうし、夜になるとそんなことばかり思い出したりして。



そこにテントを張って一人で寝るとしたら・・・。

ダッシュ島だって、あの舟屋に一人で泊まるとしたら、めっちゃ怖いと思います。

フルール

スポンサーサイト
THEME:ひとりごとのようなもの | GENRE:日記 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

TRACKBACK


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

ケノーベルからリンクのご案内(2014/11/24 08:53)

鶴岡市エージェント:貴殿の記事ダイジェストをGoogle Earth(TM)とGoogle Map(TM)のエージェントに掲載いたしました。訪問をお待ちしています。
PR
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
150位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
35位
アクセスランキングを見る>>
マネジメント
ブロとも申請フォーム
フェイクニュース
距離をおこう