プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

東京湾
勉強
オトナの趣味
家庭菜園
食べる(呑む)
月別アーカイブ

ローカル女子

ニュースが面白くない。

いつのまにか、愛媛県今治市の岡山理科大学獣医学部には一切触れなくなりました。

モリカケの「カケ」の部分ね。

あれは何だったの?どこにも違法行為がなく、攻めようがなくなってうやむやにした?

で、再び「モリ」の部分で勝手に盛り上がっているヒトタチ…。

また「忖度」ですか…。

改正民法の施行時期とか、憲法改正に対する議論とか、経済や社会保障とか、議論すべきことはたくさんあるのに…。

マスコミ&野党がこれだけ長期に、執拗にやっている反安倍ネガティブキャンペーンにもかかわらず、

10代~40代の安倍内閣支持率は、高止まりになっています。

マスコミに踊らされているのは、主に60代以上ということが明らかになっています。

その理由は、まさに上記のとおりでしょう。

若者たちは、民主党政権が誕生してからの「現実の社会」を、実によくみています。

自分たちの親世代が受けたリストラの嵐をみて…先輩たちの就職氷河期をみて…。

現在は…大学生の就職内定率はこの二十年くらいのなかで最高の数値だそうです。

経済も、少なくともかつてと比べたら相当改善されています。

新聞は読まないし、テレビは自宅になく、スマホだけあればいい…という若者たちを、マスコミや野党は甘くみていると思う。

彼らは、現実をよくみていて、そのうえでネットから情報を入手しています。

現実と、ネット情報を、たまにみかける新聞やテレビ報道と比べるわけ。

韓国が大騒ぎして、かえって日本人に「竹島」の存在を知らしめ反韓感情が増大した構図に、とてもよく似ていると思います。

さて…。

このあいだ、面白い漫画を発見しました。

その名は「ローカル女子の遠吠え」です。



私が静岡県民だったのは11年。

山形で生まれ、神奈川で育ち、大学時代は京都で、就職したら静岡に配属…。

そこで知り合った静岡県民は、総じて「地元好き」な方ばかりでした。

特に親しかったのは清水の人たち…。

今は静岡市清水区ですが、当時は清水市で清水エスパルスが強かった時代でした。

静岡の方々って、県外に出ようとしないらしいし、出ても戻ってくるヒトが多いらしい。

実際、私が知り合った方々は、みなさん結局静岡に戻ってきた人たちばかりでしたからね。

沼津も清水も、ずいぶんと寂れた感は否めないのですが、それでも地元愛は健在のようでして…。

この漫画は、そんな静岡県民の気持ちを代弁しています。

クスっと笑ってしまう部分なんか、まさにそれ。

静岡で暮らすことは、たぶんもうないだろうなあ。

思い起こすと、楽しかったなあ。

伊豆半島から熱海、静岡、藤枝、浜松と、クルマであちこち走り回っておいて、良かった。




スポンサーサイト

THEME:静岡県 | GENRE:地域情報 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
41位
アクセスランキングを見る>>
どうでしょう
ブロとも申請フォーム
社会