プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

東京湾
勉強
オトナの趣味
家庭菜園
食べる(呑む)
月別アーカイブ

スカジャン


思えば「官僚支配を脱して政治主導」とうたったのは、旧民主党の面々だったのですが…。

それが、一連の「官僚の不祥事」に対して、官僚非難は封印し、すべてを現政権の責任論に論理飛躍しているわけ。

出会い系バーに通い、少女におこずかいをあげていた元文科省事務次官なんか、いつの間にやら聖人君子扱い。

彼は、禁止されていたのに裏で行われていた文科省の「天下りあっせん」が発覚し、その責任を取って事実上クビになったヒト。

まあ、彼のおかげで有名になった出会い系バーラブオンザビーチは、今も健在のようです。

えっと…。

「今こそ政治主導で、不遜な官僚をしめて、ゆがんだ行政をただす」とマスコミは主張すべきところなのじゃないの?

文書の書き換えや、ないと言っていた文書がでてきた…これらは政権が責任を取る話なの?

行政が歪んでいるだけじゃないのかい?官僚の側に問題があるだけの話じゃん。

だいたい…。

現政権にとって大打撃になるような話が行政や検察からリークされること自体、安倍政権に「忖度していない」証拠では?

野党の江田議員が面白いコメントをしていますね ⇒ リークしたのは大阪地検の〇〇部長

これ、内部統制的にアウトなのではないか?

「頑張れ」って…。

江田議員とは、この程度のおバカさんだったのか…(あとで訂正したみたいだけど…時すでに遅し)。

安倍政権を退陣に追い込みたいという「結論ありき」の印象操作は、多くの国民に、特に若い世代には超バレバレ。

野党もマスコミも、もっと深刻にとらえた方がいいのにって、私は思います。

疑惑などないものを「ある」と抗弁するところなんかは「裸の王様」の取り巻き連中みたい。

「王様はハダカじゃん!」って、若い子には真実がそのまま見えている。

「自分には見えないけど、取り巻き連中が「お似合いです」とか言っているのだから、見えない服なんだろうなあ」

見えない服…これが忖度であったり、深まったらしい疑惑だと、私には思えてなりません。

さて、と。

高校生のころ、横須賀中央から汐入にかけて、買い物やらライブやらで普通に通っていました。

もっとも、どぶ板は今のようなキレイなストリートではありませんでした。

もっとこう…猥雑な感じ。

週末に…ツナミに行列ができるとか、あれほど観光客が来るような場所じゃなかったのよね。

汐入駅周辺だって、蔦のはえた古ぼけた建物があるくらいで、何もなかったし…。

街の風景はずいぶん様変わりしたのですが、実は米軍基地周辺はあまり変わっていません。

そんな米軍基地前で目立つのは、やはりスカジャン…。

そのなかでも、超有名なのはプリンス商会さん。

ホンモノのスカジャンはまず、ド派手なの。

職人さんが作り込んだことは、手触りで感じます。

だいたい、刺繍とか、光沢が全然違うから。

それに見合った価格はめっちゃ高価。

まあ、ある意味当然なのかもしれません。

私的には、すっげーカッコイイのですが、それを着て街を歩くには勇気がいります。

たまに、横須賀の三笠公園あたりでスカジャンを着たカップルをみかけます。

どぶ板で購入したものをそのまま着て、散策しているのでしょう。

でも…地元民はあまり着ない。

少なくとも地元では着ない。

(小泉進次郎さんは選挙のとき、緑色のヤツを着ていましたね。あれ、派手じゃないけど相当高価なやつ)

私は、背中にミツバチが描かれているスカジャン(↓)を持っています。



少し派手だけど、可愛いでしょ?

ちなみにこれ、ヨコスカではなく、アマゾンで購入したんですけれどね。

安めのお値段のわりに、結構いい感じ。

釣りに行くときなどに着ています。

実はもう一着、

どぶ板で購入したホンモノがあるのですが、あまりにヤンキー風になっちゃうので、滅多に着れません。

背中に風神雷神が刺繍されているブルー基調のやつ。

20数年前…バイクに乗っていたとき、革ジャンとそれを使いわけていました。

懐かしいなあ。








スポンサーサイト
THEME:メンズファッション | GENRE:ファッション・ブランド |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
41位
アクセスランキングを見る>>
どうでしょう
ブロとも申請フォーム
社会