FC2ブログ
プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

フィッシング
勉強
オトナの趣味
美味しく
月別アーカイブ

自分の働き方

世の中では「働き方改革」というキャッチフレーズが出回っています。

私は、それを「働かせ方の修正」とみています。

厚生労働省の会議資料などをみると、いろいろと望ましいと思われることも検討されています。

資料には「働く人の視点に立った働き方改革の意義」というテーマが大きくでています。

将来の就労者人口の減少とか、現実に確実にやってくる問題にどう対処するか…。

そこは、各企業単位で解決できる問題ではないので、国が音頭をとる必要性はあると思います。

問題というか、課題はどれだけ現実の話に落とし込めるか…かなあ。

労働契約法や労働者派遣法などでは、大多数の方が望まない方向ばかりに動きました。

国の思惑どおりに、営利企業は動かないのです。

動けないといったほうが良いのかしら。

だからといって、全否定するつもりもないんです。

なんら議論されないよりはマシですからね。



ところで、自分自身の働き方について、考えてみたことはないでしょうか?

表紙にもありますが

何のために、こんなに頑張っているんだろう…。

なんて、ね。

ゴールデンウォークを迎えるこの季節に、こういう本を読みつつ自分を振り返る時間を持ってもいいじゃない。

面白いことに、いわゆるブラック企業のなかのブラック企業みたいな会社でも、高いモチベーションで働いているヒトがいます。

不謹慎かもしれませんが、興味深くないですか?

ブラックな世界の王様みたいな会社にも、そういう社員さんがいるものです。

そういうヒトがいない会社は、そもそもブラック云々の前に存続できないからです。

そして、ホワイトの王様みたいな企業にも、不満分子は生まれるものです。

この会社の、何がそんなに不満なの?

という方、必ずいらっしゃいます。

世の中では「働き方改革」ですけれど、私たちが関与することはできません。

「自分の働き方」に気づくことは、やろうと思えばだれにでもできます。

そして、それは自分で「決める」ことが可能です。

でも、自分自身でものごとを決めるのは、案外と難しいものです。

他人のせいにするのは簡単。

上司なり政治家なり、会社なり行政なりに文句を言うのは誰にでもできること。

自分の働き方に気づくことで、少しは幸せになれるかもしれません。









スポンサーサイト
THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
36位
アクセスランキングを見る>>
ビジネス
日本のなかの反日
ブロとも申請フォーム