FC2ブログ
プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

フィッシング
勉強
オトナの趣味
美味しく
月別アーカイブ

歴史小説(158)宇喜多

久しぶりの歴史小説です。

今回ご紹介するこの本で、通算158作品目になります。

まあ・・・よく続いているものです。

で、こちらは新刊です。



主人公の宇喜多秀家は、関ケ原の敗者であり、その末路が哀れなだけに、とりあげられにくい人物でもあります。

戦国の梟雄として名をはせた父親の直家が結構な存在感がありますしね。

その父親が、羽柴秀吉と出会うことで宇喜多家の運命は動き出しました。

宇喜多秀家という人物評価は、けっこうわかれるところがあります。

わかりにくいのです。

名君のようでいて、ボンボンみたいな言動もあるし、戦では相当の強さを発揮したことも事実。

ストーリーは省きますが、宇喜多家は存続していきます。

関ケ原の戦いを経て、落ちのびた秀家は薩摩の島津家に庇護されました。

(後日、秀頼が大阪城から薩摩に落ちのびたという伝説は、ここからきているのかも…)

その後、八丈島に流されるも、そこで子孫は20家にまで増えていきます。

江戸時代は、前田家が陰で支援を続けたそうです。

秀家の嫁が前田家の豪姫だったとはいえ、律儀というか、豊臣家に最後まで忠誠を誓った秀家に顔向けできなかったからか…。

明治時代になると、明治天皇から浦安に土地をもらい、そこに多くの子孫たちが移住したそうです。

現在の宇喜多宗家の当主は宇喜多秀臣という方で、15代当主なんですって。

岡山城築城400年式典の際には、岡山県から来賓として招待されたそうです。

また、北国新聞に以下の記事がありましたので、転記させていただきました。

宇喜多家と前田家の当主…なんか、スゴイですわね。

前田家当主参列に感動 八丈島で宇喜多秀家鎮魂祭
2017/11/21 02:01
 加賀藩祖前田利家の4女豪姫の夫、宇喜多秀家の鎮魂祭は命日の20日、東京・八丈島で営まれた。前田家当主として初めて18代当主利祐(としやす)さん(82)が参列し、宇喜多家15代当主秀臣(ひでおみ)さん(77)とともに墓前で手を合わせると、島民らの間には「秀家公もさぞ喜んでいるだろう」と感動が広がった。石川県人会は来年の鎮魂祭にも参列する方針で、豪姫と秀家の縁による交流を本格化させる。

 鎮魂祭は秀家の菩提寺(ぼだいじ)である浄土宗宗福寺で営まれ、石川、岡山県人会の会員や歴史愛好者ら約50人が焼香の列をつくった。

 鎮魂祭後、秀臣さんは「秀家は高潔な人物で、先祖として誇り高く思う。明治時代までずっと物資を送ってくれた前田家の律儀さには感謝以外ない」と感慨深げに語った。

 利祐さんは「豊臣政権の五大老をともに務め、豪姫が嫁いだ宇喜多家を前田家も重んじていたのだろう。墓前では、ご苦労さまでしたと心の中で声をおかけした」と秀家をしのんだ。
スポンサーサイト
THEME:歴史・時代小説 | GENRE:本・雑誌 |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

PR
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
164位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
36位
アクセスランキングを見る>>
ビジネス
日本のなかの反日
ブロとも申請フォーム