プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

東京湾
勉強
オトナの趣味
家庭菜園
食べる(呑む)
月別アーカイブ

直前対策

早いもので、社会保険労務士の直前対策本がでています。

お勉強方法はひとそれぞれでしょう。

でも、普段使用しているテキストとは別に、まとめ本を持っていることの効果は結構高いものがあると思います。



社会保険労務士や行政書士などの法律系国家資格を勉強する場合、一般的には一年間くらいかけると思います。

単位は「月」ではなく「年」という意味です。

そうすると、最初の頃に勉強した科目は、試験期になると曖昧になっていたりします。

最初から、1科目ずつを順番に、丁寧に勉強を進めていくと、たいていそのような状況になります。

社会保険労務士であれば労働基準法や労働安全衛生法あたり。

行政書士試験であれば憲法でしょうか。

そうならないためには「試験範囲の科目、テキストをまわす/回転させていく」ことがとても重要なんです。

これ・・・いくら言っても自分流を貫くヒトには通じないのですけれどね。

科目数の多い資格試験では、丁寧よりもスピードを重視してほしいと思っています。

丁寧にじっくりテキストを読むのでは、ない。

期間を区切り、その期間内に「読み切る」こと。

理解できていないとか、でてきた語句や判例が気になるとか、最初は一切無視します。

高速で3回転させたら、あとは過去問とおつきあいしていけばいい。

〇×なんかどーでもよくて、問題の目的やら作問の意図などを考えながら問題と「対話」していくイメージ。

マジメな方ほど、私のやり方に納得してもらえない傾向があります。

試験勉強は「合格するため」にするもの、です。

「学問として学ぶ」こととは、おのずと違う。

学問として学びたければ、それは合格後にすればいいだけの話。

えっと…。

試験日が近づいてきたら、試験範囲を網羅しているまとめ本を手元におき、

通勤時とか夕食後とか「きちんと勉強に取り組みにくい」時間帯に、そのまとめ本を「一気読み」するんです。

やったヒトにしかわからないし、これだけ書いても実践するヒトは少ないのですが、やれば確実に効きます。

直前対策…。

もうすぐ6月ですもんね。

ここからが合否の分かれ目。









スポンサーサイト
THEME:社会保険労務士 | GENRE:ビジネス |

COMMENT

EDIT COMMENT

非公開コメント

検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
170位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
41位
アクセスランキングを見る>>
どうでしょう
ブロとも申請フォーム
社会