プロフィール

ライフキャリアプランナー

Author:ライフキャリアプランナー
新宿で働く社労士&ファイナンシャルプランナー。
日本のお酒と歴史が好き。

海辺暮らし
家庭菜園
出会い
食べる

うんこシリーズ

内閣支持率が下がったということで、大喜びの方々がいます。

あれだけ、日々大騒ぎを繰り返した結果なのでしょう…。

その一方で、野党の支持率が変わらないか下がっていることについては、一切触れません…。

とてもわかりやすいですね。

まあ…あれだけ叩かれて、あれくらいの低下か、と見ることもできるかしら。

ひと月ほどたてば、またもとに戻るのだろう…私はそう思います。

だって、野党第一党が民進党であるかぎり、執行部があの面々である限り…。

国会開会中では審議拒否しておきながら、閉会したとたん「臨時国会を要求」って何なのよ?

しかも「予算審議会で集中協議」って。

予算の話を一切しないのに…。

では、なぜ予算審議会なのか?それは、野党がひたすら一方的に「質問」という名をかたって、ひたすら攻撃できるから。

党首討論だと、安倍総理と各党の党首が対等に議論するため、野党の矛盾をつかれ、反撃されて勝てない。

なので、党首討論は絶対に選択しないのが野党の皆さん。

そして、そういうことは絶対に書かないのが民進党に忖度するマスコミ。

ちなみに、加計問題でいうところの「メモ」のなかに、以下の一文があります。

「国家戦略特区諮問会議決定という形にすれば、総理が議長なので、総理からの指示に見えるのではないか

これを読めば一目瞭然。安倍総理の指示なんかないわけです。

この一文を読んでいるマスコミは、視聴者に見せたくないのです。

安倍総理が「印象操作」といっているのは、こういうところ。

十数年前の、ネットが存在しない時代は、まさにマスコミは印象操作し放題だったんですね。

だいたい、行政組織は長の名前で様々な公文書を発行しているけれど、いちいち長は決済なんかしない。

みんな、わかっているはずなのにね。

さて…。

「なにこれ?ふざけてんの?」

以前であれば、そのような声があがってもおかしくない学習教材が売れています。



わたしがこれを知ったのは総武線の車内の広告をみたとき。

このドリルの 例題 は何とも…。

確かに、こどもというものは、オトナ以上に下ネタが大好き。

何ともふざけた例題のひとつひとつが、下品なモノもあるし、想像して笑ってしまうものも多い。

まあ…。

小学一年生から6年間、このうんこドリルで勉強を継続するとは思えません。

飽きちゃうでしょ、さすがに。

でも、学習に楽しさという要素をどう盛り込むか、という工夫は大事だよ、ということは理解できると思います。

それにしても

うんこ…か。

「うんこと一緒に、トイレにながしてしまいたい政治家やマスコミたち…」

「うんこに劣る 民進党」

こんな例文はダメだろうな。




THEME:子育て・教育 | GENRE:学校・教育 |

懐かしの列車

わたしが小さかったころ、親の実家がある山形県鶴岡市・酒田市に帰省するのは一日がかりの大移動でした。

上越新幹線なんてありませんでしたからね。

上野から新潟まで「とき」で、そこから鶴岡まで「いなほ」

両方とも、当時の国鉄特急の典型的な「顔立ち」をしていました。

座席は、銀河鉄道999そのもの。

直角90度の板を設置したような席で、ずっと座っていられなくて乗降口から車窓をみたりして。

あの頃は席に灰皿がついていて、オトナたちはタバコを吸っていたものです。



小学校高学年くらいに上越新幹線が開通し、駅は上野ではなく大宮に変わりました。

三崎から大宮までは相変わらずの時間でしたが、そこから新潟につくまでの時間が大幅に短くなって驚いたものです。

新潟から鶴岡までの「のどかな感じ」は今も健在です。

もっとも…今では庄内空港を使いますので、空の旅に変わってしまいました。

わたしは別に鉄道マニアではないのですが、当時の車両をみていると、小学生時代の「夏の思い出」がよみがえってきます。

新潟の親戚の家、山形への帰省はほぼ「夏休み」でしたから、なおさら。

そんな私も、あと数年で50歳。




THEME:鉄道 | GENRE:趣味・実用 |

アジ釣り

ラグビージャパンのアイルランド戦の完敗は残念。

そして、加計学園のネタにはうんざり。バカバカしいにもほどがある。

来週からまたまた忙しい日々が続く…。

あ~!

というココロの叫びというか、鬱々とした気分を解消すべく、土曜日はアジ釣りにでかけてきました。



扇島や本牧あたりでもサビキで釣れ始めたアジですが、今回は船で沖に向かいます。

場所は、京浜急行の立会川駅にある船宿さん。

品川からそんなに遠くもなく、穴場感のある場所でございます。

仕立て船なので、お客さんは自分たちだけですから、気兼ねがありません。

アジ釣りの場合、他のお客さんのしかけと「絡まる」ことがあるので、仲間だけというのは気持ち的に楽なのよね。

今回は「LTアジ」と呼ばれる釣り方です。



LTとはライトタックルの略でして、かつてのような、深場で、大掛かりで、重たいビシ…は使わず、浅場で軽いビシを使う釣り。

なので、腕力に頼らない釣りができるということで、ファミリー向きになってきたというもの。

特に、お子さんだと「とにかく釣れてナンボ」ですから、数があがる釣りものはとても貴重。

今回も、そこそこ数が上がりました。

30センチクラスの大物も上がりましたし、トップは30尾くらいだったかな。

もっとも、トップは途中からデッキで酒のみながら流していたので…。

わたしも、家族4名で食べるには十分すぎる程度に釣ることができました。

おおまかにいって、おひとりさま1万円ってところですが、すべて込み込みですから、高くはないです。

横浜あたり…元町ちかくの釣り船さんだと、もう少し単価が低いのと、下根アジにチャレンジ!なのですが…

東京在住の方が多いので、そのあたりは致し方なし、と。



THEME:釣り | GENRE:趣味・実用 |

お伊勢さん

産経新聞さんの記事が、とっても正鵠を得ています。

これ⇒ われこそは正義の味方



本当に…。

「他人がやったら不倫。でも、自分たちはロマンス」っていうヤツそのものじゃん。

ダブルスタンダートですらない。

「自分たちだけが正義!」という思い上がりが、当たり前すぎていて、もはや気づけないということなのでしょう。

だから自民党の支持率が落ちない。

若者が自民党を支持しているのは失業率の低下、新卒の就職内定率の高値安定をみればわかる。

それを「若者のくせに安定志向とはけしからん!」とか的外れもいいところ。

安全地帯でジジババが騒いでいるだけの「サンデーモーニング」って何なのかね?

えっと…。話題を変えます。

先日、後輩からお土産をもらいました。

それがこちら。



小倉トーストは名古屋の名物らしいですね。

実際、めっちゃウマいです。

コメダ珈琲にいけば食べることができるそうです。

最近、新宿御苑前にお店ができたと思ったので、今後行ってこようかな。

ということで、今回は名古屋…というのも何なので、そのお隣さんの伊勢…。

多くの方にはご承知の場所だと思いますが、「何県?」ときくと、割と微妙な方がいたりします。

「伊勢って県だよね?」というヒトもいましたが、伊勢県ではございません。

和歌山県とか愛媛県という方もいました。和歌山は近いけど、愛媛はたぶん愛知と間違えている…。

鳥取と島根みたいな感じ?(失礼)

伊勢は三重県。

三重県のなかにある伊勢市のことでございます。



そして、伊勢で一番の有名どころといえば 伊勢神宮 です。言い切っちゃいます。

以前、賞味期限で不祥事を起こし、その後も親子でお家騒動とか、いろいろありましたが赤福さんはデフォルト。

その赤福さんが、赤福とは別に「白福」を出して大きな話題となったのはつい最近の話。

そして、五十鈴川沿いに展開する「おはらい町通り」の一角にある「おかげ横丁」も有名ですね。

来月、とある仕事で伊勢に行くことになったんです。

(研修という名目ですが、実質は…)

伊勢は、大学時代にバイクで何度か行って以来のところ。

鈴鹿も松坂も、津も、みんなそう…。

バイクで紀伊半島一周ツアーをしたり、忍びの旅とか、伊勢志摩の旅とか…。

あの頃を少し思い出し、懐かし笑い…。



THEME:東海地域情報(愛知・岐阜・静岡・三重) | GENRE:地域情報 |

鎌倉の氷


昨日は仕事が一段落したといいますか、ひと息つける感じになったので、気まぐれで休日にしてしまいました。

で、向かったのは鎌倉の小町にある 山里 です。

オッサンがひとりでお店にはいり、いただいたのは「宇治金時白玉のせ」というかき氷。

かき氷って、なんというか…。

はっきりいうとお値段高くないですか?

京都の大学生時代、アルバイトしていた喫茶店でもは夏になるとかき氷がよく出たものです。

近所の不動産屋とヤナセによくアイスコーヒーの出前があり、たまに「かき氷」がオーダーされるときもありました。

「おいおい…溶けちゃうだろ。店にこいよ」って思ったりしたものです。

そのお店では、何のへんてつもない、製氷機で作った氷を砕いてかき氷を出していました。

でも…お値段のするところは、この氷が違うんですよね(たぶん)。

だって、口触りがぜんぜん違うもん。



京都も鎌倉も抹茶が結構人気だったりします。

特に鎌倉は禅寺が多いからなのか…。



ちなみに、こんな(↑) ストラップもあったりします。

携帯に着けるやつみたい。

むかし、アジの開きとか、お寿司(ウニの軍艦巻き)とか、そういうのを付けたりしていたときがありました。

東急ハンズでそんなのをよく買ったものですが、今は友人からもらった「メロン熊」というのをつけています。


THEME:こんなお店行きました | GENRE:グルメ |
検索フォーム
お薦め
お仕事さがし
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
ビジネス
148位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
起業・独立
38位
アクセスランキングを見る>>
マネジメント
ブロとも申請フォーム
遊び
DIY
呑み